ジャガーが非接触タッチスクリーンを開発

田畑修
AUTHOR

ボタンに触れることなくスイッチ操作が可能に。操作時間と手間も半減

運転席および助手席のユーザーインターフェイスをガラリと変えるデジタル統合コクピットの採用が始まっているが、そんななかでジャガー・ランドローバー(JLR)が「非接触タッチスクリーン」を開発したと発表。現在のデジタル統合コクピットは物理スイッチを大幅に減らしてはいるもののスクリーンのタッチ操作は不可欠であり、スクリーン上に残る指紋などが気になるという指摘も少なくない。

「Preditive Touch」と呼ばれる特許技術が採用され、画面スイッチに触れる前にAIが動きを見て操作を予測。操作時間や手間は通常のタッチスクリーンより 50%削減できる。

JLRが英国ケンブリッジ大学の協力のもとで開発した非接触タッチスクリーンは、AI(人工知能)技術とセンサーを組み合わせた「Preditive(予測)Touch」と呼ばれる特許技術を活用したもので、画面スイッチに触れる前にAIが動きを見て操作を予測。かなり高い精度で操作を判断できるレベルに達しており、操作時間や手間も通常のタッチスクリーンより50%削減できることが実証実験で判明しているという。
非接触操作技術はウイルス等の感染防止にも役立つことから、新型コロナウイル蔓延後の世界においても重要視されており、今後需要が高まる可能性は高い。運転中の誤操作に関しても、AI技術により人間のタッチミス以下に減らせる可能性もあり、わき見運転の防止効果も期待できるという。実用化の時期などは明らかにされていないが、統合コクピットの新たな方向性として、期待される技術となることは間違いない。JLRによる続報に期待したい。

ルボラン2020年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!