【国内試乗】「ベントレー・コンチネンタルGT V8」軽快な走りを望むアナタに!

BENTLEY CONTINENTAL GT V8
島下泰久
AUTHOR
2020/09/12 11:00

第三世代となるコンチネンタルGTのラインナップに、待望のV8モデルが追加設定された。そのエレガントな佇まいはそのままに、W12とは違った走りのテイストを披露してくれた!

軽快な走りはV8ならでは

新型コンチネンタルGT V8のデリバリーが、いよいよ始まった。V型8気筒4Lツインターボエンジンは最高出力が先代V8比で43ps増の550ps、最大トルクが110Nm増の770Nmとされ、W12同様に8速DCTと組み合わされる。そして4WDシステムは、通常はほぼ後輪だけを駆動し、必要な時のみ前輪にも駆動力を分配するというスペックを見れば、それだけでスポーティな走りへの予感は高まるばかりである。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8

のびやかで優美なスタイリングはコンチネンタルGTの真骨頂。V8モデルのマフラーエンドは「8」をモチーフにした仕立て。

0→100km/h加速はW12の3.7秒に対して4.0秒となるが、一方で車重は100kgも軽い。おかげで実際に走らせてみると、これが驚くほどに軽快なのだ。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8挙動は決して軽々しいものではないが、それでもステアリングを切り込んだ瞬間からレスポンスは鋭く、まさに意のままという感覚。S字の切り返しなどではそれが顕著で、実に小気味良い。W12だって新型は決して鈍重ではないのに、そして軽いと言っても車重は2210kgもあるのに、これだけ楽しめる、そして質高いフットワークを実現していることには、まさに見事と言うほかない。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8

新世代の4.0L・V8ツインターボは最高出力550ps/最大トルク770Nmを発揮。0→100km/h加速は4.0秒をマーク。

弾けるように回るV8ユニットも、この軽快感に大いに寄与している。分厚いトルクの波が押し寄せるようなW12とのキャラクターの差は明確で、こちらは野太いエキゾーストノートともども、思わずアクセルを踏ませる味付けだ。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8

インテリアには最高品質のレザーや希少なウッドパネルなどの天然素材が配され、極上のドライビング空間を演出。

この軽快感は、単に質量だけが理由ではなく、従来よりW12とのキャラクター分けが、明確化されたと見るべきだろう。どちらも良く出来ているだけに、ますますその選択が悩ましいものになった。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8参考までに両車の価格差は約180万円。けれども、それはオプション次第で容易にひっくり返る数字である。事実、試乗車は実に約450万円分ものオプションが付いていたのだ。購入検討中の方には大いに悩んでいただきたい。

BENTLEY CONTINENTAL GT V8

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年10月号より転載
BENTLEY CONTINENTAL GT V8

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!