日本初のARナビゲーションも搭載! 熟成の新型「メルセデス・ベンツEクラス」がデビュー

AUTHOR

前後の外観デザインを一新。よりシャープでダイナミックなルックスに

9月10日、メルセデス・ベンツ日本は大掛かりなマイナーチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツEクラス(セダン/ステーションワゴン/オールテレイン)を導入。同日より予約注文の受け付けを開始した。カスタマーへは、今月より順次納車される予定だ。

●新型「メルセデス・ベンツEクラス」モデルラインアップ
〈セダン〉
・E200スポーツ:7,690,000円
・E200 4MATICスポーツ:7,940,000円
・E220 dスポーツ:7,930,000円
・E300スポーツ:9,100,000円
・E350 eスポーツ:8,950,000円
・E350 deスポーツ:9,180,000円
・E450 4MATICエクスクルーシブ:11,440,000円
・メルセデスAMG E53 4MATIC+:12,590,000円
・メルセデスAMG E63 S 4MATIC+:18,670,000円
〈ステーションワゴン〉
・E200ステーションワゴン・スポーツ:8,100,000円
・E200 4MATICステーションワゴン・スポーツ:8,370,000円
・E220 dステーションワゴン・スポーツ:8,310,000円
・E300ステーションワゴン・スポーツ:9,530,000円
・E450 4MATICステーションワゴン・エクスクルーシブ:12,030,000円
・メルセデスAMG E53 4MATIC+ステーションワゴン:12,880,000円
・メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン:19,120,000円
〈オールテレイン〉
・E220 d 4MATICオールテレイン:9,380,000円
※価格は消費税込み

E200スポーツ

「Eクラス」は、世界で累計1400万台以上の販売台数を誇るメルセデス・ベンツの中核モデル。1946年に発表されたW136/191型以来、常に時代に先駆けて革新的な技術を採り入れ、世界のプレミアムセダンの指標とされてきた。日本では2016年から販売されている従来型Eクラスは、2017年に輸入車販売台数第4位、翌年にも第5位を記録するなど多くの支持を得ている。

E200スポーツ

そして2020年、新世代ステアリングホイールを初採用したほか、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」や安全運転支援システムをメルセデス・ベンツの最新システムにアップデートするなど、安全性と快適性をさらに向上させながら、デザインを一新して生まれ変わった。

E200ステーションワゴン・スポーツ

エクステリアデザインはシャープでダイナミックな印象に一新。さらに、AMGラインエクステリアが一部のグレードを除き標準装備となり、一層スポーティに仕上げられている。

ヘッドライトには、最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデル群に共通する、上下方向に薄く、わずかに切れ上がるデザインを採用。ラジエーターグリルは下部が広がる台形になり、クローム仕上げのダイヤモンドグリルを採用した(一部グレードを除く)。バンパー下部の左右には2本のフィンが配置されるなど、シャープでダイナミックな印象を強めている。

メルセデスAMGモデルを除けば最上級グレードに位置付けられる「E450 4MATIC エクスクルーシブ」には、メルセデス・ベンツ伝統の「スリーポインテッドスター」が輝くボンネットマスコットを採用。緩やかな多角形のラジエーターグリルとフロントバンパー下部にはクローム仕上げが施され、ダイナミックなヘッドライトと相まって、クールでありながらラグジュアリーな印象をもたらす。

外観ではリヤエンドのデザインも刷新された。外側に向かって 上下方向の高さが増す、横に長い2分割型リヤコンビネーションランプが採用され、ボディのワイドさとダイナミックさを強調するデザインとなっている。

従来からクオリティの高さとモダンさを両立していたインテリアは、その特徴がさらに際立った。メルセデス・ベンツで初となる新世代のステアリングホイールは、「スポーツ」各モデルとメルセデスAMG各モデルには、3本のツインスポークを採用して近未来的なスポーティさを演出。一方「E450 4MATIC エクスクルーシブ」には、ブラックアウトされたスポークを採用し、シックさを際立たせている。

また、この新ステアリングホイールには、ナビゲーションやインスツルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を、すべて手元で完結できる機能性を有している。加えて、従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していたディスタンスアシスト・ディストロニック使用時だが、ハンズオフ検知機能のために新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用。これにより、ステアリングホイールにかかるトルクがなくとも、ドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、ディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手が向上。より一層快適にドライビングを楽しむことができるようになった。

このほか「E200」と「E220 d」のセンターコンソールには、従来ピアノラッカー調のトリムが採用されていたが、新型では新たにインスツルメントパネルに採用されるインテリアウッドトリムと同様のウッドトリムを採用することで、高級感が高められている。

インフォテインメントシステムは、12.3インチの大型ワイドスクリーン 2画面を標準装備。また、2018年から順次各モデルに搭載を進め、熟成を進めてきた「MBUX」を採用している。その最大の特長のひとつが人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えている。「ハイ、メルセデス」をキーワードに起動するボイスコントロールの音声認識機能は、多くのインフォテインメント機能(目的地入力/電話通話/音楽選択/メッセージ入力・読み上げ/気象情報)に加え、クライメートコントロールや各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応。また、音声認識だけではなく、タッチスクリーン、ステアリングホイールにあるタッチコントロールボタン、センターコンソールにあるタッチパッドでも様々な操作をすることが可能だ。新型ではさらに、ドライバーのジェスチャーを読み取ることで各種ライトを点灯させたり、「Vサイン」をかざすことでアンビエントライトの設定画面などプリセットされたインフォテインメントシステムのお気に入りメニューを表示することができる。

E450 4MATICエクスクルーシブ

新型Eクラスではさらに、日本で販売される乗用車としては初となるのAR(拡張現実) ナビゲーションを採用。従来型では、目的地を設定して行先案内をする場合、地図上に進むべき道路がハイライトされるが、新型Eクラスではそれに加えて、車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示される。これにより、直感的にどの道路に進むべきかを判断することが可能となり、より安全でスムーズにドライビングできるようになっている。

メルセデスAMG E53 4MATIC+

安全運転支援システムは、メルセデス・ベンツの最新システムが全車に標準装備されている。「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとするときに、対向車線を直進してくるクルマと衝突する危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動する。また、Eクラスとしては新たに、停車時にドアを開けようとした際、後方から障害物が迫っている場合の警告機能を採用。時速2km/h以上で後方から歩行者やサイクリスト、クルマなどが近づいている場合は、ドアミラー外側にある警告表示灯が赤く点灯する。さらに、乗員がドアハンドルに手をかけた場合、音と表示で乗員に警告を促す。

メルセデスAMG E63 S 4MATIC+

E220 d 4MATICオールテレイン

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!