【2002〜2003年】いま一度、ゴルフIVの変遷をふりかえる Patr.3【VW GOLF FAN Vol.1】

The CHRONICLE of IV【2002〜2003年】

新しいゴルフVが登場した今もなお、確固たる存在感と根強い人気を保ち続けるゴルフIV。ここでは1998年の国内デビューから足かけ7年にわたる変遷ぶりを追いかけながらその魅力をあらためて浮き彫りにしてみよう。

2002年
ゴルフ史上最強のホットモデルがついにデビュー、キセノン装備の限定車も追加投入

2002年最大のニュースは、何といってもR32のデビューだろう。これはこの年の5月にスペインで開催されたマドリードショーに参考出品されたモデルで、最高出力241psを発揮するV型6気筒ユニットを搭載。III時代のVR6を上回るインパクトでゴルフ・ファンに受け入れられることになった。このほか、ゴルフとしては初めてとなるディスチャージヘッドランプを採用した限定車、XEとExzeptもリリースされている。

限定車 Golf XE《2002年1月》

日本向けのゴルフとしては初めてガスディスチャージ(キセノン)ヘッドランプを採用した特別仕様車。ベース車両はGLiで、ヘッドランプのほか、16インチのアルミ、革巻きのステアリング/ハンドブレーキグリップ/シフトノブ、クルーズコントロールなども装備する。価格は275.0万円(MMS装備車281.5万円、ともに税抜)。

Golf R32《2002年12月》

このR32に搭載するのは排気量3188ccのV型6気筒ユニット。最高出力は241ps(177kW)/6250rpm、最大トルク32.6kg-m(320Nm)/2800〜3200rpmのハイパワーを発揮する。駆動系は6MT+4MOTION(4輪駆動)で、ホイールは前後18インチを採用。ケーニッヒ製レザーシートなど、随所に上質な専用パーツが奢られている。このとき導入されたのは左ハンドルの2ドアモデルで、価格は395.0万円(税抜)。

限定車 Golf Exzept《2002年12月》

このExzept(イクセプト)はGLiのもつスポーティ感にさらなる上質感を加味した特別仕様車。シートヒーター付きのレザースポーツシートを採用したほか、ステアリングなども革巻きタイプに変更。オートエアコン、16インチのアルミ、キセノンヘッドライト&ウォッシャーも装備する。右/左ハンドルを用意。285.0万円(税抜)。

エンジンバリエーション

AEH 1.6L

直4SOHC
1595cc(81.0×77.4mm)
101ps(74kW)/5600rpm
14.8kg-m(145Nm)/3800rpm

Eに搭載されるのはオールアルミ製の1.6Lユニット。VWには珍しいショートストロークエンジンで、最高出力こそ101psと控えめながら、実用的な低速トルクは十分で、しかも、高回転域ではスムーズに吹けあがる。2002年モデルから電子スロットルを採用し、型式はBFQに変更。

AGN 1.8L

直4DOHC20バルブ
1780cc(81.0×86.4mm)
125ps(92kW)/6000rpm
17.3kg-m(170Nm)/4200rpm

1999モデルのCLiとGLiに搭載されていたのは、アウディA3などと共通の直4DOHCユニット。吸気3バルブ&排気2バルブの5バルブ方式で、125psのハイパワーを発揮した。高回転域でのパワフルさが特徴だったが、デビュー1年後にはAPK型にバトンタッチする。

AGU 1.8Lターボ

直4DOHC20バルブ・ターボ
1780cc(81.0×86.4mm)
150ps(110kW)/5700rpm
21.4kg-m(210Nm)/1750rpm

1気筒あたり5バルブのDOHCユニットにターボを組み合わせることで150psのハイパワーを発揮するユニット。ブーストが完全に立ち上がってもトルクが急上昇しないため誰にも扱いやすく、洗練されたフィーリング。2002年モデルからは電子スロットル付のAUM型に進化。

APK 2.0L

直4SOHC
1984cc(82.5×92.8mm)
116ps(85kW)/5200rpm
17.3kg-m(170Nm)/2400rpm

CLi、GLiの2000年モデルから採用された2Lユニット。ゴルフIIIのエンジンをベースに、ヘッドをカウンターフロー方式からクロスフロー方式に変更。低・中速トルクが豊かでATとのマッチングもいい。2002年モデルから電子スロットルを採用(AZJ型)。

トランスミッションの違い

4速AT
E/CLi/GLi/GTI/GTX(〜2000モデル)

ゴルフIVに採用されたのは、オーソドックスなロックアップ機構付きの4速AT。ドライバーの走行特性に合わせてシフトタイミングを変更するDSP(ダイナミック・シフト・プログラム)を採用。

ティプトロニック付5速AT
GTI/GTX(2001モデル〜)

2001モデル(2000年9月発表)以降のGTI、GTXにはティプトロニック付5速ATを採用。シフトレバーをDレンジの位置から右に倒すと、前後方向のレバー操作でマニュアル感覚のシフトチェンジが可能になる。

5速MT
GTI(〜2003モデル)

日本向けにはゴルフIVにはGTIのみに5速MTを設定(R32は6MT)。ケーブル式シフトコントロールの採用でストロークの無駄をなしく、小気味いいシフトフィーリングを実現している。このGTIの5速MT仕様は2003年モデルまでラインナップ。

VW GOLF FAN Vol.1から転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!