【比較試乗】「メルセデスAMG CLA45S vs BMW M2 CS」コンパクト級高性能王座決定戦!

AUTHOR
2020/07/29 11:00
 | AMG , BMW , 試乗記

メルセデス、BMWの両ブランドが擁する、いわばハウスチューナーのボトムエンドを支えるコンパクトクーペ対決。AMG CLA45SとM2 CSはともに昨年発表された高性能モデルだが、その志向と仕立て方は180度といっていいほどに異なる。ようやく経済の立て直しを探り始めた本国ドイツで両車を借り出し、そのあたりを鮮明にするべく比較試乗を敢行した。

BMW M2 CSはストイックなセミレーシング仕立て

マルクス・フラッシュを新社長に迎えたBMW M社の2019年における総販売台数は、前年比32.2%プラスとなる13万5829台と記録的な実績をマーク、メルセデスAMGの13万2136台を上回り、ついにセグメントのトップに立った。成功の要因は新社長の戦略に基づくMパフォーマンスモデルの追加設定やSUVへの本格参戦などが挙げられる。さらに、彼はこれまで不規則な販売戦略だった「CS」を、Mモデルの1バリエーションとしてカタログモデルに加えると発表している。すなわち、オープンロード向けのM3やM4、M5に設定している「コンペティション」に加えて、サーキットユースをも前提とするのが「CS」ということになる。

BMW M2 CS01

BMW M2 CS01

その最新モデルが昨年のLAショーに登場したM2 CSで、M2コンペティションをベースに、セミレーシング仕立てとするべく様々なチューニングを施している。

BMW M2 CS

エンジンは開発コードS55、M4コンペティションのそれをコンバートした3L直6ツインターボで、最高出力は450ps/6250rpm、最大トルクは550Nm/2350−5500rpmを発生。組み合わせるトランスミッションは標準で6速MT、オプションで7速DCTとなる。0→100km/h加速はMTで4.2秒、DCTで4秒フラット、最高速度は標準で両車250km/hだが、ハイスピードトレーニング込みのMドライバーズパッケージをオプションで購入すれば280km/hまで上限を高めることができる。

BMW M2 CS

全長4.46mの2ドアボディはルーフ、ボンネット、ドアミラー、前後スポイラー、ディフューザーをカーボン強化プラスチック製に換装。インテリアではドアグリップやセンターコンソールなどを同様の素材として、全体で計50kgの軽量化を果たしている。

BMW M2 CS

走り出した瞬間、スロットルの動きに俊敏に反応するS55ユニット、カーボンボンネットを通して耳に伝わる吸気音、そして後方から響き渡るエキゾーストノートが全身を刺激する。比較的小径のタービンによってターボラグはほとんど感じられず、パワーが淀みなくスムーズに湧き上がってくる。若干気になるのはテスト車が搭載する6速MTで、ギア比は適正なのだがシフトストロークがやや大きく、素早い操作を妨げる。レブシンクロサポートも好き嫌いがあると感じた。というわけで、個人的なお勧めは7速DCTで、およそ35kgの重量増加にもかかわらず、前述のとおり100km/hまでのスタートダッシュはMTよりコンマ2秒も速いのだ。

BMW M2 CS

M4譲りのコンペティティブなシャシーは率直に言ってハードな設定で、特に低速では路面からのショックを正直に伝えてくる。フラットな路面コンディションであれば速度を上げるにつれてスムーズさを増してくるが、基本はダイレクト。もちろんハンドリングは鋭く、指1本分の動きに対してノーズはリニアに反応する。フロント400mm、リア380mmのM専用のベンチレーテッドディスクブレーキも余裕綽々で、あらゆる状況下でコントローラブルかつ確実な制動を約束してくれる。

BMW M2 CS

このようにストイックなまでのハイパフォーマンスがM2 CSの魅力であり、だからこそ一般ユーザーに手放しでお勧めできないというのも正直なところだ。この点はもう少し詳しく後述しよう。

BMW M2 CS/サーキットユースも視野に入れて鍛え上げられたセミレーシング。エンジンは450psを発揮する3L直6ツインターボで、トランスミッションは6速MTと7速DCTを用意。タイヤはミシュラン・スポーツカップ2が標準だが、同パイロット・スーパースポーツも選べる。

フォト=アヒム・ハルトマン/AH.Hartmann ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!