特別カラーの2モデルが追加! 「メルセデス・ベンツGクラス」に「マヌファクトゥーア・エディション」が登場

H.Tanaka
AUTHOR

ベースモデルはディーゼル仕様の「G350d」と「メルセデスAMG G63」

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車となる「G350dマヌファクトゥーア・エディション」、および「メルセデスAMG G63マヌファクトゥーア・エディション」をラインアップ。7月27日より全国の正規販売店ネットワークを通じて発表した。なお、カスタマーへの納車は2020年8月以降を予定している。「マヌファクトゥーア・エディション」の消費税込み車両本体価格は、「G350d」が15,490,000円、「メルセデスAMG G63」は24,800,000円。

G63マヌファクトゥーア・エディション

メルセデス・ベンツGクラスは、1979年に初代が本格的クロスカントリー4WDとしてデビュー。現在に至る過程で、プレステージSUVの地位も確立した。2018年6月に登場した現行型では、Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデート。オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーに進化している。

G63マヌファクトゥーア・エディション

G350dマヌファクトゥーア・エディション

エクステリアに、カタログモデルには設定がないダイヤモンドホワイト(メタリックペイント)とジュピターレッド(ソリッドペイント:有償)を用意。サイドミラー、フロント/リヤスカート、ホイールアーチ、フロントグリル、ルーフトップ、前後スリーポインテッドスター、スペアタイヤリングなどの随所にブラックのアクセントを、さらにヘッドライト、フロントウインカー、リヤコンビネーションランプにブラックスモーク仕立てとしている。

また、ブラックペイントの20インチAMGマルチスポークアルミホイールを合わせることで、随所にボディカラーとブラックのコントラストが生まれエクステリアの印象が引き締められている。

インテリアには、上質で滑らかな肌触りのナッパレザーにシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター[前席]、リラクゼーション機能[前席]などの快適装備を採用。インテリアトリムにも、カタログモデルには設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを組み合わせている。

また、ダンパーを電子制御することで連続可変制御が可能なアダプティブダンピングシステムを採用。路面を問わず快適な乗り心地を実現した。

メルセデスAMG G63マヌファクトゥーア・エディション

エクステリアには、カタログモデルに設定のないマグノダークオリーブグリーン(マットペイント)のボディカラーとマットブラックペイント22インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)を特別装備。これにサイドミラー、サイドストリップ、フロント/リヤスカート、スペアタイヤリングなどにブラックのアクセントを、さらにヘッドライト、フロントウインカー、リヤコンビネーションランプにブラックスモークを施したAMGナイトパッケージを特別装備として組み合わせる。

インテリアは、チタニウムグレーとブラックのツートーンカラーをあしらった極めて滑らかな肌触りのAMGエクスクルーシブナッパレザーシートをはじめ、室内のいたるところにナッパレザーを採用。ラグジュアリーな空間を演出している。また、インテリアトリムやステアリングにおいても、カタログモデルには設定のない特別仕様としてブラックアッシュウッドインテリアトリム、AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー/DINAMICA)を採用した。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!