安全性と使い勝手が向上。 SUVモデルの「レクサスRX」が一部改良

H.Tanaka
AUTHOR
2020/07/27 17:00

パーキングサポートブレーキなどは全車標準! アクセサリーコンセントを追加設定

レクサスは、ミドルプレミアムSUVの「RX」を一部改良。全国のレクサス店を通じて発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、「RX300」が5,240,000円~6,420,000円で「RX450h」は6,380,000円~7,830,000円。そして、3列シート仕様となる「RX450hL」が7,960,000円。

今回の一部改良では、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB]やブラインドスポットモニター[BSM]を全車標準設定。予防安全装備を充実させている。また、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)をフロントセンターコンソールとラゲッジルームに追加設定。電気製品の屋外使用や、災害時の非常用電源として使用する場合などの利便性を向上させている。

RX 車両情報: https://lexus.jp/models/rx/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!