BMW初となるSUVのピュアEV、「iX3」がデジタルプレミア!

AUTHOR
2020/07/16 10:00

SUVのピュアEV、「iX3」は総電力量80kWhのバッテリー搭載で460kmの最大航続距離を実現!

7月14日、BMWは新型ピュアEVの「iX3」をオンラインで世界初公開した。iX3は輸出向けにも造られる中国生産のBMW車としては初のモデルで、2020年後半の中国を皮切りに順次各地の市場へと導入される見通しだ。

ピュアEVのパワートレインを搭載するiX3は、「BMW X3」シリーズの新しいバリエーション。これによりX3はガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドと合わせて4タイプのパワーユニットから選べるようになった。

第5世代のBMW eDriveテクノロジーが採用されたパワーユニットは、286ps/400Nmを発するモーターと総電力量80kWhのバッテリーを搭載。6.8秒の0-100km/h加速と180km/h(リミッター作動)の最高速をマークする一方、最大航続距離はWLTPテストサイクルで460km、NEDCテストサイクルでは520kmをマークする。

EVパワートレインを搭載するものの、キャビンは5人が快適にくつろげる空間を実現。荷室はエンジン車と比べて容量が少し劣るものの510Lが確保され、後席シートバックのアレンジで最大1560Lに広げることが可能だ(エンジン車の荷室容量は550〜1600L)。

内外装はX3ファミリーの一員であることがわかるスタイリングを採用しつつも、キドニーグリルをはじめとするフロントマスクが専用デザインに。さらに外観ではサイドスカートやリヤディフューザーに、内装ではステアリングホイールのセンターパッドやシフトセレクターなどにブルーのアクセントが施され、ピュアEV仕様であることを主張している。高い空力性能に寄与している19インチのBMWエアロダイナミックホイールも、iX3に個性を与える重要な要素となっている。

なお、iX3の発表の場でBMW AGのオリバー・ツィプセ会長は、電動化をさらに促進させる方針を明らかにし、2021年にはモデルラインアップの25%が、2025年には33%が電動化技術を採用したモデルになる見通しを示した。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!