ストリートとフィールドを股にかけるマルチパーパスなフルカスタムJB23ジムニー【ジムニー天国2020】

2020/07/07 08:00

どこでもいつでも使いやすく進化を続けるJB23

市街地などでの普段乗りに始まり、モーグルなどのオフロードも軽くいなす。それが昨今のSUVのトレンドだが、それよりも遙か前に同様のコンセプトで完成したのがJB23、つまり先代ジムニーだ。

軍用のモールシステムを買ったポーチなどを取り付けられるアピオのタクティカルシートジャケット。

そのジムニーのマルチパーパスな性能をさらにブラッシュアップするというコンセプトで作られたのが、カーデイズ宇都宮のJB23だ。ご覧の通り、23としてはセオリー通りのカスタムを行っているが、ブランドの違うパーツを敢えて組み合わせることで個性を出している。

リアゲートに軍用のモールシステムを使って、さまざまなアイテムが装着できるアピオのワザありアイテム。

例えばフロントだが、タニグチのバンパーにアピオのフロントセンターバンパーを組み合わせるところなどは、なかなか面白い。
 サスペンションはタニグチの「ソルブ スポーツサスキットSP A8」をベースに、モーターファームの前後アームをインストール。3インチアップと、JB23ではバランスがいいリフトアップ量におさめている。

オフロード走行でサイドシルを守るり、ドレスアップにもなるアピオのサイドシルプラックスチール。

ノーマルにはない最低地上高とオフロードでのトラベル量を実現しつつ、舗装路でのコーナリングにおいてはコシのある運動性能を発揮する。ジオランダーM/Tで、グリップとトラクションを十二分に引き出す足回りとなっている。

エンジンのスープアップは、吸気系の改善を中心に実施。特にブーストアップやブローオフストップは、レスポンスを大幅に改善できる。

気持ちのいいドライブフィールを実現するため、エンジン回りのチューニングも施している。点火時期の変更をはじめ、ブーストアップ、ブローオフストップを行っている。さらに、コントローラーにてブーストコントロールも行い、低回転から気持ち良く立ち上がるセッティングに仕上げた。また、エンジン保護のためのハイオク仕様に変更しているのも、モディファイのひとつだ。

足回りはタニグチのソルブスポーツサスキットSP セットA8と、モーターファームのアームを装着。

同車両は年々アップグレードされており、どこでもいつでも使いやすいジムニーに進化を続けている。今後もカーデイズ宇都宮に注目だ。

排気系にタニグチのコンペティションマフラーⅢをインストール。ヒッチメンバーも装着している。

ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!