もしものときにも頼もしい! トヨタが「プリウス」と「プリウスPHV」の安全性と給電機能を強化

H.Tanaka
AUTHOR
2020/07/02 17:11

予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティセンス」の機能が向上! 「プリウス」には新グレードも追加

トヨタが「プリウス」と「プリウスPHV」を一部改良。全国のトヨタ車両販売店を通じ、7月1日に発売を開始した。あわせてプリウスには特別仕様車の「S”セーフティプラスⅡ”」を新設定している。消費税込みの車両本体価格は、プリウスが2,608,000~3,557,000円。新設定された特別仕様が2,755,000円(2WD)/2,953,000円(E-Four)で、プリウスPHVは3,313,000~4,392,000円となる。

 

プリウスPHV A

今回の改良では、運転支援システムである「トヨタ・セーフティセンス」の機能向上や、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備。さらに、運転に不安を持つのドライバー向けに「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をトヨタ車で初採用するなど、安全・安心機能を強化している。

また、災害時などに役立つ外部給電機能を全車で標準装備。プリウスPHVでは、さらにソーラー充電システムを全グレードにオプション設定している。このシステムは、太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに貯めて給電することが可能で、全グレードに設定することで給電機能を拡大している。

■プリウス、プリウスPHVのおもな改良ポイント
・プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大
・レーントレーシングアシスト(LTA)の装備
・ロードサインアシスト(RSA)を追加
・先行車発進告知機能を追加
・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備
・「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をトヨタ車で初採用

・給電機能の強化(AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備/プリウスPHVでは、ソーラー充電システムを全車オプション設定/ソーラー発電量をマルチインフォメーションディスプレーに表示
・プリウスには特別仕様車のS”セーフティプラスⅡ”を新設定

プリウス特別仕様車「S”セーフティプラスⅡ”」

特別仕様車のS”セーフティプラスⅡ”は、「S」をベースにブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、バックカメラ搭載ナビレディセット、LEDアクセサリーランプ(薄暮灯)を特別装備。さらにナノイー、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インナーミラーも特別装備している。

プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus II” 車両情報 https://toyota.jp/prius/grade/special/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!