走りの楽しさを追求! ポルシェが「718ケイマン/ボクスター」に「T」モデルを追加

AUTHOR
2020/06/26 14:00

300ps/380Nmを発する2.0Lターボ&7速PDKを搭載

6月24日、ポルシェジャパンは「718ケイマン/718ボクスター」に追加設定された「718ケイマンT」と「718ボクスターT」の予約受注を開始した。消費税込みの車両本体価格は、718ケイマンTが8,932,000円。718ボクスターTは9,322,000円で、ハンドル位置は両車とも左右から選べる。

1968年に登場した「911T」モデルの意思を受け継ぐ「718ケイマンT」と「718ボクスターT」(以下両車を総称して718T)は、300ps/380Nmを発揮する2L水平対向4気筒ターボエンジンによって、非常にエモーショナルなポルシェのドライビングエクスペリエンスを実現する。空車重量は1380kgで、4.6kg/psのパワーウエイトレシオによって、静止状態から100km/hまで 4.7秒で加速。最高速度は275km/hをマークする。

718Tにはスポ-ツクロノパッケージを標準装備。ステアリングホイールのモードスイッチを使用して「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツプラス」、「インディビジュアル」の各ドライビングモードを選択することが可能だ。スポーツとスポーツプラスを選択すると、エンジンマネジメントシステムがよりスポーティな特性に設定。スポーツプラスは、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)、PADM(ポルシェ・アクティブ・ドライブトレイン・マウント)およびPDKをよりスポーティに設定し、718Tのハンドリングをさらに強化。PDKとの組み合わせで、ローンチコントロール機能とモードスイッチ中央のスポーツレスポンススイッチも使用することができる。

PADMは、エンジン/ギアボックスエリアの振動を最小限に抑え、ドライビングダイナミクスを妨げるドライブトレインの重量による動きを低減。これは、ギアボックスのハードマウントとソフトマウントのメリットを兼ね備えており、荷重移動や高速コーナリング中の走行挙動の精度と安定性を大幅に向上させるもので、荒れた路面でも快適な走行が可能だ。

718Tモデルのハイパフォーマンスキャラクターは、20インチ軽合金製ホイール、車高を20mm低く設定したPASMスポーツシャシー(シリーズ初となる2Lターボエンジンとの組み合わせで提供)とスポーツクロノパッケージを含む広範な装備パッケージによって強化されている。ボクスターとケイマンの両バージョンで機械式リヤディファレンシャルロックを含むポルシェトルクベクトリング(PTV)とデュアルクラッチトランスミッションのポルシェドッペルクップルング(PDK)が標準装備される。

伝統的に“T”は「ツーリング」の略で、最も純粋な形のドライビングプレジャーを表す。ワインディングロードを最も得意とする718Tは、究極のダイナミックドライビングプレジャーを提供。このフィロソフィは削ぎ落とされた装備とドアパネルのブラックのドアプルやスポーツシート(2ウェイ電動調整機能/ブラックのSport-Texセンターセクションおよび“718”ロゴ刺繍ヘッドレスト付き)から垣間見ることができる。

エクステリアは、ハイグロスチタニウムグレーで塗装された20インチ軽合金製ホイールのほか、アゲートグレーのミドアミラーカバーを採用。さらに両サイドの「Boxster T」または「Cayman T」ロゴが、ブラッククロムメッキのツインテールパイプを中央に配置したスポーツエグゾーストシステムとともに「T」モデルバージョンであることを主張する。

ボディカラーはブラック、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリックを設定。スペシャルカラーとしてラバオレンジとマイアミブルーも用意されている。ちなみに718Tは、718のベースモデルに同様の装備を追加した場合と比べ、価格の面では5〜10%のメリットもあるという。

インテリアでは、718 Tの特徴が多数のスポーティなタッチによって強調されている。360mm径のモードスイッチ付きGTスポーツステアリングホイールは、贅沢なパッドとレザーカバーによってとくに安全なグリップを提供。メーターのブラックの文字盤を「Boxster T」または「Cayman T」のロゴが飾り、メータパネルとセンターコンソールのデコレーティブトリムはグロスブラック仕上げとなる。ドアエントリーガードにも「Boxster T」または「Cayman T」のロゴが表示される。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!