日本仕様は「e-POWER」のみ! 日産の新型コンパクトSUV「キックス」がデビュー

AUTHOR
2020/06/25 10:00

「プロパイロット」や「SOSコール」を全車に標準装備

6月24日、日産自動車は新型コンパクトSUV「キックス」を、6月30日に発売すると発表した。

●日産「キックス」モデルラインアップ
・X:2,759,900円
・Xツートーンインテリアエディション:2,869,900円
※駆動方式は全車FF。価格は消費税込み

日産自動車の星野朝子副社長は、発表に際して次のようにコメントしている。
「日産独自の電動パワートレインである『e-POWER』と、運転支援技術『プロパイロット』を搭載した、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を、余すことなく体現する新型SUV『日産キックス』を発表します。日本市場において、10年ぶりのブランニューモデルとなる新型車『日産キックス』の爽快な電気の走りを、多くのお客さまにご体感いただきたいと思います。日産は、これからも日産独自の先進的な技術で、皆さまの生活にワクワクをご提供していきます」

ボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mmで、ホイールベースは2620mm。ジュークと比べてみると、155mm短く、5mmナローで、45mm高く、ホイールベースはキックスの方が90mm長いというディメンション。ちなみに、最小回転半径は5.1m(ジュークは5.3m)、最低地上高は170mm(ジュークと同じ)だ。

パワートレインは「ノート」や「セレナ」に搭載され、確かな支持を受けている「e-POWER」。1.2L直列3気筒ガソリンエンジンによって発電し、モーターで駆動するコンポーネントは「ノートe-POWER」などと同じだが、モーターのスペックが129ps/260Nmと、最高出力を20%向上。とくに中高速域の力強さを増したことで、高速での追い越しや合流、ワインディング走行など、幅広いシーンにおいてパワフルでキビキビした走りを実現している。燃費はWLTCモードで21.6km/L、JC08モードで30.0km/Lと発表された。

アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できる「e-POWERドライブ」によりワンペダル感覚での運転が可能となるため、ブレーキペダルを踏む回数が減少し、楽に運転することができるe-POWERの魅力は、もちろんこの新型キックスでも享受できる。さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化することで、エンジンの作動頻度を減らし、高い静粛性を実現したという。

エクステリアは、精悍な「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で、力強さとスタイリッシュさを表現。また、躍動感のある先進的なLEDヘッドランプにすることで、存在感の高いデザインとなっている。ボディカラーは、モノトーン9色にツートーン4色を加えた全13種類が設定された。

インテリアは、シームレスで上質さを感じるモダンプレミアムな室内空間を創出。使いやすくグルーピングされたレイアウトや、高い品質によるプレミアムな表現のユニークパーツが特徴となっている。

エントリーグレード「X」のシートは、クロスと合皮の組み合わせによる実用的なアクティブさを、「X ツートーンインテリアエディション」のシートは、ツートーンカラーシートによるファッショナブルな仕上げとなっている。

居住性や実用性も良好だ。カテゴリートップクラスのフロントウインドー見開き角と低いウエストラインにより、運転席は開放感ある視界を実現。後席は、ニールームで600mm、ヘッドルームで85mmを確保し、大人でも十分くつろげる広い室内空間となっている。

ラゲッジルームもトップクラスの423LとMサイズのスーツケースを4個積載できる広さを実現。さらに後席シートは可倒式のレバー操作で簡単に倒し、シーンに応じて荷室を広げることができる。

装備面では、高速道路での「長距離運転」と「渋滞」という2大ストレスを軽減する運転支援技術「プロパイロット」を全車に標準装備した点が特色。加えて、もしもの事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備された。

さらに、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを標準装備し、全車が「サポカーSワイド」に該当している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!