最新にして最強の「Eクラス」! 新型「メルセデスAMG E63」が登場

AUTHOR
2020/06/23 09:00

前後のデザイン一新に加えて、ホイールアーチ拡大やフロントトレッド拡幅によりダイナミックな走りはさらなる高みへ

6月18日、ダイムラーは「メルセデス・ベンツEクラス」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 4マチック+」および「メルセデスAMG E63 S 4マチック+のマイナーチェンジ版を発表した。

新型は、ひと足先に登場した「Eクラス」のマイナーチェンジと同様に、新デザインのフロントマスクやリヤビューが与えられている。さらにホイールアーチは27mm拡大され、フロントトレッドが拡幅されたことによって、よりパワフルな走りのイメージを高めている。

フロントスプリッターは標準の「E63」でボディ同色に、高性能版となる「E63 S」ではシルバーシャドウにペイント。さらにオプションのAMGナイトパッケージを選択するとカーボンファイバー仕上げとなる。

セダンのリヤビューでは、トランクリッドに装着されるスポイラーリップが目を引く。これは標準ではボディ同色塗装となるが、オプションのAMGカーボンパッケージを選択するとカーボンファイバー仕上げになる。

リヤエプロンのデザインも新しくなり、空力性能をさらに追求。新形状のツインテールパイプは丸みを帯びた90mmの台形で、標準ではクローム仕上げ、オプションのAMGナイトパッケージではハイグロスブラックに、同じくオプションのAMGカーボンファイバーパッケージではカーボンファイバー仕上げとなる。

ホイールデザインも一新された。標準で19インチ、Sモデルでは20インチが標準装着され、19インチは軽量の10スポークタイプで、マットブラックまたはハイグロスブラック、あるいはハイグロスタンタルグレーを設定。一方20インチは軽量5ツインスポークタイプで、マットブラックかハイグロスタンタルグレーが選択できる。

オプションのAMGナイトパッケージではさらに、ミラーハウジングやウインドーフレーム、前後エプロンのトリムエレメントなどがグロスブラック仕上げとなるほか、AMG車ならではの縦基調グリル「パナメリカーナグリル」のカラーもダーク系カラーとなる。

そして、オプションのAMGカーボンファイバーパッケージでは、前後エプロンのトリムエレメントをはじめとする各パーツがカーボンファイバー仕上げとなり、より個性的なルックスとなる。

AMG専用のナッパレザーシートを搭載するキャビンは、上質でスポーティな雰囲気を強く発散する。ステアリングホイールはツインスポークタイプの新デザインとなったほか、インテリアに用いられるレザーはオプションで他のバリエーションを選択することが可能だ。さらに、Sモデルでは、ダッシュボードなどにナッパレザートリムを採用したほか、クリスタルグレーのシートベルトを採用するなど、さらに洗練性が高められている。

対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を採用したインパネは、標準モデルで10.25インチ、Sモデルで12.25インチのディスプレイを2画面搭載。ディスプレイのデザインは「モダンクラシック」、「スポーツ」、「スーパースポーツ」の3つのAMGディスプレイスタイルを切り替えることが可能だ。

パワートレインは基本的に従来型を踏襲している。4L V型8気筒ツインターボエンジンは、E63で571ps/750Nm、E63 Sで612ps/850Nmを引き出す。0-100km/h加速タイムは、E63セダンで3.5秒、E63ステーションワゴンで3.6秒、E63 Sセダンで3.4秒、E63 Sステーションワゴンで3.5秒をマークする。最高速は標準モデルの場合、250km/hでリミッターが介入するがAMGドライバーズパッケージを選択すると290km/hに引き上げられる。Sモデルの場合はセダンが300km/h、ステーションワゴンは290km/hでリミッターが作動する。

そのほか、ドリフトモード(Sモデルに標準)を備えるAMGパフォーマンス4マチック+や、リヤアクスルのロッキングディファレンシャル、ダイレクトで明確なフィードバックを実現するAMGスピードセンシティブステアリング(電気機械式パワーステアリング)、AMGハイパフォーマンスブレーキシステムといった、高水準の走りを実現するエクイップメントを導入。

AMGダイナミックセレクトにより、ドライビングモードは「スリッパリー」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」、そしてSモデルでは標準となる「レース」を設定。エンジンやトランスミッション、ステアリング、サスペンションなどの主要コンポーネントの特性を任意に変更することができる。

標準のE63には、新たにAMGダイナミックプラスパッケージが設定されたのもニュースだ。ドリフトモードを含む「レース」モードが標準となるほか、レッドブレーキキャリパーを採用したSモデル用高性能ブレーキシステム、DINAMICAマイクロファイバーのAMGパフォーマンスステアリングホイール(AMGステアリングホイールボタン付き)が含まれている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!