BMWアルピナのミドルレンジ、新型「B5/D5 S」が受注開始!

AUTHOR
2020/06/12 11:00

アルピナの5シリーズモデルとしては初となる「Mスポーツ」がベースに

BMWアルピナの日本総代理店を務めるニコル・オートモビルズは6月10日、「BMW5シリーズ」のマイナーチェンジに伴い「B5」および「D5 S」のアップデートを実施し、予約受け付けを開始した。なお、新型B5/D5 Sの生産は7月からの予定で日本導入時期は2021年以降になる見通しだ。

●BMWアルピナ「B5」モデルラインアップ
・B5リムジン(左ハンドル):18,980,000円
・B5リムジン(右ハンドル):19,390,000円
・B5ツーリング(左ハンドル):19,779,000円
・B5ツーリング(右ハンドル):20,189,000円

●BMWアルピナ「D5 S」ラインアップ
・D5 Sリムジン(右ハンドル):13,580,000円

※車両価格は消費税込み。「D5 S」はリムジン(セダン)のみの展開

B5リムジン&ツーリング

新型B5/D5 Sは、エクステリアデザインのベースを従来の「ラグジュアリー」から「Mスポーツ」に変更。これは5シリーズベースのアルピナ車としては初になるという。Mスポーツをベースとしながらも専用デザインのエクステリアパーツやアルミホイールが採用され、独自のアピアランスが表現されているのはアルピナ車らしい。

B5

「B5」に搭載する4.4L V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力が従来型から13psの上乗せとなる621psを発揮。800Nmの最大トルクに変更はないが、0-100km/h加速タイムは従来型から0.1秒短縮され、リムジンが3.4秒、ツーリングでは3.6秒をマークする。巡航最高速度は、それぞれ330km/hと322km/h。ちなみに燃費は、WLTPモード(欧州参考値)で両ボディともに8.3km/Lだ。

B5

B5ではこのほか、先進運転支援機能で構成する「ドライビング・アシスト・プロフェッシナル」のほか、レザーフィニッシュ・ダッシュボードを標準装備。従来型から装備を充実させながらも、車両価格が据え置かれた点も注目ポイントである。

D5 S
一方、高性能ディーゼル仕様の「D5 S」は、48Vマイルドハイブリッドパワートレインを新たに採用したことで、ツインターボ過給による3L直列6気筒ディーゼルの最高出力は従来型から21psアップとなる347psを発揮。最大トルクは730Nmだ。これにより、0-100km/h加速タイムは0.1秒の短縮となる4.8秒を実現。巡航最高速度は275km/hを達成している。なお、新型D5 SのWLTPモード燃費(欧州参考値)は13.2km/Lと発表された。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!