「アドバンレーシング・RS III」アドバン・レーシングの旗艦にファン待望の19インチが追加【ホイールカタログ2020春】

小野泰治
AUTHOR
2020/05/28 12:00

最先端の鋳造製法を駆使するアドバン・レーシングのトップモデル、RSIIIに19インチが追加。リリース開始は今年の夏からというが既存の18インチに対してどのような魅力がプラスされているのか? 編集部に届いたサンプルから、その要注目ポイントを探ってみよう。

インチアップの効果で本来の美点が一層鮮明に

アドバン・レーシングのトップモデルに位置付けられるRSIIIに、まもなく19インチが追加される。RSシリーズは2001年に初代がデビュー、2009年にはデザインをブラッシュアップしたRSIIへと進化している。RSIIはWTCC(世界ツーリングカー選手権)への供給をはじめ、そのパフォーマンスやデザイン性を武器に世界的な知名度を獲得。現在も現役として販売されていて、輸入車用ではミニ用の17/18インチやセンターキャップを装備したポルシェ専用の20インチも揃えられる。

ADVAN Racing・RS III/撮影したプロトタイプのカラーは、濡れたような質感を湛えるブラックガンメタリック&リング。立体的なコンケーブ形状のディスクや、くっきりした「ADVAN Racing」の鋳出文字などは18インチから継承される。

そんなRSIIの成功を受け継ぐモデルとして昨年デビューしたのがRSIIIだ。ディスクデザインは、RSIIと同じく10スポークを継承。しかし、外観のイメージは一新されている。最新の強度解析データを駆使して設計されたRSIIIは、ホイールの強度アップに貢献するというスポークの厚みをRSIIより大幅にボリュームアップ。その一方、各スポークの横幅はスリム化され、歴代RS以上にシャープな佇まいを実現している。

また、正面から眺めると格段に細身な印象になった各スポークだが、その両サイドにはRSIIと同じくサイドカット処理も施工。しかも、それは隣り合うスポークの根本までワンモーションで繋がるアドバンスサイドカット処理へと進化している。その結果、最先端の鋳造ホイール製法がさりげなくアピールされるだけでなく、リムからセンターに至る各スポークの伸びやかさも一層強調された。

ADVAN Racing・RS III

さて、そんなRSIIIに追加設定されることになった19インチだが、既存の18インチに対する大径化の恩恵は明らかだ。前述したスリムなスポークを筆頭とするシャープな風情は一層鮮明になり、本格派のスポーツモデルながらデザイン性も着実に高められた。

ADVAN Racing・RS III

もちろん、機能に裏打ちされた独自のキャラクターは大径化されても変わらない。リムとの接合部から一度外側に張り出し、そこからセンター部に向けてコンケーブ形状を描くスポークは、深く落とし込まれたセンター部分とのコントラストと相まって十二分といえる立体感を演出。見る角度に応じて、さまざま表情を垣間見せる。なお、19インチのディスクはリム幅に応じてスタンダードデザインとGTRデザインという2タイプのフェイスを用意。コンケーブが強調される後者では大径モデルらしい迫力が、前者ではデザイン面の精緻さが堪能できる。

ADVAN Racing・RS III

また、同じく立体的な造形となるアウターリムの最深部には鋳造のアドバン・レーシングホイールを象徴する鋳出レタリングを引き続き採用。鋳造製法らしい、くっきりした輪郭はデザイン上のほど良いアクセントになっている。

ADVAN Racing・RS III

ちなみにカラーバリエーションが現段階で未定という19インチのRSIIIだが、5色がラインナップされる18インチのそれを基本としつつ新色の設定も検討中とか。19インチの購入を待ちわびるファンは、乞うご期待だ。

ADVAN Racing・RS III

【DATA】
■サイズ/価格=19inch×8.0~9.5J/66,500~75,500円
■カラー/レーシングブラッククローム(BSP)、ブラックガンメタリック&リング(BGR)、レーシングハイパーブラック&リング(HBR)
■対応車種/BMW、VW、アウディ、その他国産車等

お問い合わせ
YFC 03-3431-9981 http://www.yokohamawheel.jp/

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ルボラン2020年6月号別冊付録より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!