【ニューモデル情報通】Vol.3 シトロエンのMPV「ベルランゴ」は、ライバルのカングーよりも先に登場していた!

「C15」というバン専用車がベルランゴの前身

昨年秋に日本に上陸、オンライン予約を行ったところ5時間あまりで完売したというマルチパーパスカー(MPV)「シトロエン・ベルランゴ」。2020年中には正式なカタログモデルになる見込みで、早い発売が待たれる一台である。ルノー・カングーのように大きな箱を背負ったスタイルのベルランゴは、ベースが商用車で、乗用仕様が用意されるという点もカングーと同じだ。現行型は2018年登場の3代目となるが、ベルランゴは過去モデルが正規輸入されていないため、「そういえばベルランゴの歴代モデルのことは何も知らない」という人も多いだろう。

そこで、今回の「ニューモデル情報通」では、日本ではあまり(いや、ほぼ)知られていない、初代と2代目ベルランゴの歴史を振り返ってみたい。

1970年代から80年代にかけて、イタリアン・フレンチメーカーの小型商用車には、ハッチバックの車体後半に箱をくっつけてバンにする「フルゴネット」が多かった。ルノーは「サンク」から「エクスプレス」を、シトロエンは「ヴィザ」ベースで「C15」を、フィアットは147から「フィオリーノ」を作るなど、数多くの車種が誕生している。いずれも基本はフロントドアまでをベース車と共用、車体後半を箱型荷室に変更しているが、古くはシトロエン・2CVやルノー4の時代からこの方法でバンが生み出されていた。

シトロエンC15は、2CVの改良型・ディアーヌのフルゴネット「アカディアーヌ」の後継車として1986年に登場。全長は4m以下、最大積載量は約450〜750kgクラスの小さなバンで、シトロエンの隠れたベストセラーモデルでもあった。

シトロエン・ヴィザのフロントドアから後ろにハコをくっつけた「C15」。後継のベルランゴが出た後の2006年まで販売が続いた。

初代ベルランゴのデビューは1996年……なんとカングー登場よりも早かった
1996年。C15の後を継いだシトロエンの新しい商用車「ベルランゴ」が、兄弟車の「プジョー・パートナー」とともにデビューした。ベルランゴも「フルゴネット」のカテゴリーに属したが、C15と異なりボディ外板はすべてオリジナルとなり、全長は4.1m台に拡大していた。だがそれ以上の違いは、ベルランゴには「乗用仕様」を設定したことだった。商用車ゆえの広い車内を利用して、折りたたみ式シートをリアに3座設けた5人乗りとして、各部の仕上げや装備も乗用車並みに高めた……と聞くと、「それ、初代カングーの真似じゃないの?」と言われてしまいそうだが、なんと実際には、カングーはベルランゴより1年後の1997年から発売していたのである。商用・乗用仕様どちらにせよ、この「ボンネット付きMPV」というジャンルの先達は、カングーではなくベルランゴだったのだ。

1996年にC15の後継として誕生したベルランゴ。

初代ベルランゴには、当初スライドドアがなかった!

しかし、後発のカングーには大きなアドバンテージがあった。それが、「サイドにスライドドアを設けていた」こと。C15やエクスプレスを見るとわかるが、箱にアクセスできるドアは後部のみで、ボディサイドには荷室にアクセスできるドアがなかった。その流れを汲んだベルランゴも、デビュー当初はリアドアを持っていなかったのである。下の写真はデビュー時のベルランゴの乗用仕様で、たしかにリアドアがない。かつて日本にもカローラやサニーの2ドアバンがあったのを思い出す。

デビュー時のベルランゴ。よく見ると、リアにドアがない。

カングーのリアスライドドアは片側のみの装備だったが、利便性がよく大好評。カングーの販売台数増に貢献していた。そこでシトロエンはこれに対抗すべく、1999年になってベルランゴにリアスライドドアを追加した。するとカングーはすぐに両側スライドドアを標準装備にしてしまい、一歩先に行ってしまった。ベルランゴもそれを追随したのはいうまでもない。

その後ベルランゴは、2002年に大きめのマイナーチェンジを実施してフェーズ2に。オメメパッチリ系の顔に変わったほか、ダッシュボードも全面刷新。安全対策なども強化している。

2002年になって大掛かりな改良を実施したベルランゴ。大きなヘッドライトを得て、フェーズ2となった。

ベルランゴにはプジョー版も用意されていた。名前は「パートナー」。写真はフェーズ2で、ベルランゴと同様の改良点を持つ。

2代目ベルランゴは2008年に車体を大きくして登場

2008年に2代目となったベルランゴ。プラットフォームがPSAプジョー・シトロエンのCセグメント車などと共通の「PF2」になったことで、車体はぐっと大きく立派に。

ベルランゴは2008年に2代目となった。前年・2007年に出たライバルの2代目カングーと同様、2代目ベルランゴは車体サイズが大きくなった。カングーはCセグメントのメガーヌと同じプラットフォームをベースにしていたが、ベルランゴも、PSAプジョー・シトロエンのCセグメント車(C4や307など)用のプラットフォームを用いた。安全性も大きく向上しており、Euro NCAPのクラッシュテストでは4つ星を獲得している。

乗用仕様は、商用車の雰囲気が残っていた初代に比べると、ぐっと上質な内外装を得て、さらに乗用車らしい体裁に発展していた。トリムレベルは初代から引き継いだ「ビバーク」、「マルチスペース」の他に、アウトドア風に仕立てた「XTR」などが設定されていた。

2代目ベルランゴの乗用仕様の上位トリム、マルチスペース。2代目ではさらに乗用仕様の装備が豊富になり、商用車然としたインテリアからも脱却していた。写真は2015年登場のフェーズ3。内外装の小変更が行われたほか、パワートレーンが一新された。

カングー同様、ベルランゴの本分はMPVであると同時に小型バン。2代目でもバンはもちろん販売された。車体の大型化は積載力向上に寄与したのは言うまでもない。なお、2代目ベルランゴから「ロングボディ」をラインナップしているが、現行型がホイールベースを延長しているのに対し、2代目は車体後半にエクステンションをつなげることで、全長を約250mm伸ばす方法を採っていた。

2代目ベルランゴにはロングボディが存在。ボディ後半をエクステンションで延長していた。この方法は、初代カングーでもみられた。

2代目ベルランゴにも、当然プジョー版・パートナーが継続。こちらも乗用仕様の作り込みを重視しており、ベルランゴのマルチスペースに対して「タペー」という愛称が与えられた。写真は、同時期のプジョー・フェイスを採用したフェーズ1。マイナーチェンジ後のフェーズ2では、ライトの間にグリルが仕込まれる。

2代目ベルランゴは大型化したため、ひとまわり小柄な「ニモ」が同年にデビューしている。ニモはフィアットが主体で開発されたため、プラットフォームはグランデプントなどと共通。フィアット版は「フィオリーノ(商用)」「クーボ(乗用)」、プジョーでは「ビッパー」と呼ばれる。

カングーより一足先に、ベルランゴは3代目に

そして2018年、新型ベルランゴがアンヴェール。カングーより先に3代目を数えることになった。新型は内外装や走りの質をより高め、MPVとしての魅力に磨きをかけている。現行型ベルランゴについての詳細は、こちらの記事もぜひご覧いただきたい。
https://carsmeet.jp/2020/03/15/142669/

なお、プジョー版の名前がパートナーから「リフター」に変わったほか、プジョー・シトロエン(2016年からグループPSAに改名)傘下となったオペル(と、英国版ボクスホール)向けの「コンボ」、トヨタ版「プロエースシティ」を擁する大ファミリーに発展したことも大きなトピックといえる。

3代目となる次期カングー登場のウワサは、ちらほら耳に入り始めている。1990年代末から続く「永遠のライバル対決」の3rdラウンドはどうなるのか、今後に注目だ。

2018年に3代目に進化したベルランゴ。ついに日本でも本格的な発売が開始される。

乗用仕様のクオリティが上がっても、やはりベルランゴの本分は商用車。現行型ベルランゴにも、当然バンを設定する。

全長4.4mの標準車でも、本国では7人乗りが選べるベルランゴだが、さらに「XL」という7人乗りロングホイールベースバージョンもある。全長は4.75m。

PSA傘下入りしたオペル(英国名:ボクスホール)にも、「コンボ(E)」として供給される。ベルランゴのオペル版は初登場。オペルは伝統的に、モデルチェンジのたびにアルファベットがA、B、C……と進むので、Eだと5代目ということがわかる。

PSAはトヨタと共同でいくつもの車種を輩出している。新型ベルランゴには新たにトヨタ版が出現。「プロエースシティ」という名前で販売が行われている。

この記事を書いた人

遠藤イヅル

1971年生まれ。商経系大学を卒業後カーデザイン専門学校に入学。メーカー系レース部門の会社へ就職し、デザイナーとして勤務する。その後一般企業のデザイナーやディレクターとして働き、独立してイラストレーター・ライターとなった。実用車、商用車を特に好み、クルマの歴史にも詳しい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!