48VのマイルドHV搭載! 高性能ディーゼルの新型「BMWアルピナD3 S」が受注開始

AUTHOR
2020/05/13 13:00

355ps/730Nmを発揮するツインターボ過給の3L直6ディーゼルを搭載

BMWアルピナの日本総代理店を務めるニコル・オートモビルズはこのほど、現行の「BMW3シリーズ」をベースに仕立てた新型ディーゼルモデル「BMWアルピナD3 S」の予約注文受け付けを開始した。消費税込みの車両本体価格は、リムジン(セダン)が10,780,000円、ツーリングが11,170,000円で、車両の日本導入時期は年末となる見通しだ。なお、日本仕様は右ハンドルモデルとなる。

搭載される3L直列6気筒ディーゼルは、ふたつのターボチャージャーによって過給され、355ps/4000-4200rpmの最高出力、730Nm/1750-2750rpmの最大トルクを発生。ZF製8速ATとの組み合わせにより、4輪を駆動する。0-100km/h加速はリムジンで4.6秒、ツーリングが4.8秒をマークし、最高速はそれぞれ273k/h、270km/hに届く。

このハイスペックディーゼルは、48V電装システムが組み合わされる点も特色。回生ブレーキによって得られるエネルギーは48Vバッテリーに蓄えられ、ベルト駆動式のスターター・ジェネレーターを介して駆動力へと再活用される。最大11psの回生電力を瞬時に活用できることにより、低回転域では素早いスロットルレスポンスが得られるほか、巡航走行時にはエンジンの効率を最適化するメリットが得られる。さらにスターター・ジェネレーターはアイドリングストップ機能にもひと役買うので、エンジンの始動時や停止時に発生する振動を極力抑えることにも寄与する。

アルピナ専用チューニングによるスポーツサスペンションは、アイバッハ製のスプリングを採用。「コンフォート・プラス」、「コンフォート」、「スポーツ」の3モードが設定された可変式ダンパーが組み合わされた。フロントアスクルではさらに、キャンバーが1°ネガティブに設定、リヤアクスルでは電子制御式LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)が搭載され、ハンドリング性能が追求されている。

4WDシステムはBMWのxDriveをベースに、アルピナ独自の味付けによって前後の駆動力を走行状況に応じて配分。新型D3 Sではスポーティな走りのキャラクターに合わせて後輪に軸足を置いた設定となっている。

専用に強化されたパワートレーンやシャシーに合わせて、ブレーキ性能も高められている。フロントは385mm径のディスクに4ピストン固定キャリパーを、リヤには345mm径のディスクにフローティングキャリパーを組み合わせる。標準タイヤサイズはフロントが255/35ZR19、リヤが265/35ZR19。標準装着タイヤはハイグリップ仕様のピレリPゼロだ。なお、タイヤサイズはオプションで20インチが設定されている。

内外装デザインは、アルピナの従来モデルと同様に、最低限のモディファイに留められている。とはいえ、エクステリアではエアロダイナミクス性能を高める専用デザインのエレメントをフロントエプロンといったボトムパーツに採用。

インテリアでは、ドアシルプレートやシートのバックレスト、フロアマットなどにアルピナ独自のディテールが見られる。ラヴィリナ・レザーを張るスポーツステアリングホイールは、ヒーターが備わる。さらにフルカラーのデジタルディスプレイは専用デザインが用いられ、ドライバーをアルピナ車独特の走りの世界に誘う。

その他、パーキング・アシストやアクティブ・ガード・プラスといった先進運転支援機能や、ナビゲーションを含むインフォテイメントシステムやデジタルコミュニケーションサービスを標準装備。さらに、アクティブ・レーン・アシスタントをはじめとするさらに高度な支援機能で構成するドライビング・アシスト・プロフェッショナルがオプション設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!