ジープから「チェロキー」「コンパス」「レネゲード」の限定車、「ナイトイーグル」が発売

H.Tanaka
AUTHOR
2020/05/08 14:00

ブラックでコーディネートされた専用パーツと充実装備が魅力

FCAジャパンは、ジープのミッドサイズSUV「チェロキー」と、コンパクトSUVの「コンパス」ならびに「レネゲード」に、専用のエクステリアパーツを採用して装備も充実させた限定車の「ナイトイーグル」を設定。5月9日より、全国のジープ正規ディーラーを通じて発売する。消費税込みの車両本体価格は、「チェロキー・ナイトイーグル」が4,520,000円で「コンパス・ナイトイーグル」は3,790,000円。「レネゲード・ナイトイーグル」は3,110,000円。販売台数は、それぞれ限定200台となる。

「ナイトイーグル」は、エクステリアの随所に専用のブラックパーツをあしらい、スタイリッシュなデザインを追求している。各モデル共通の特別装備は、フロント周りの印象を引き締めるブラックフロントグリルやベース車より大径化した18インチのブラックアルミホイールを採用。また、アイキャッチとなるジープバッジ、ならびにモデル名を示すバッジはブラックでコーディネート。インテリアにもピアノブラックのアクセントパーツが付加されるなど、細部までこだわりが感じられる仕立てになる。加えて、モデルごとに様々な特別装備が追加されている。

レネゲード・ナイトイーグル

レネゲード・ナイトイーグルは、1.3Lターボを搭載する「ロンジチュード(税込み2,990,000円)」をベースにグロスブラック仕上げのリヤバンパーディフレクターやテールランプベゼルを採用。インテリアについても、手触りの良い革巻きステアリングホイールやソフトタッチ素材のドア内張りにより質感を向上させると同時にリバーシブル高さ調整機能付カーゴフロアや、ベース車には設定のないオートヘッドライトおよび雨量感知機能ワイパーを採用。利便性が向上している。ボディカラーには、レネゲードに初採用のスレートブルー(限定100台)と、人気のアルパインホワイト(同100台)が設定された。

レネゲード・ナイトイーグル

コンパス・ナイトイーグル

コンパス・ナイトイーグルは、2.4Lエンジンの「ロンジチュード(税込み3,760,000円)」がベース。エクステリアには、ブラックフォグランプベゼルやブラックウインドーモールディングを採用。インテリアにはナイトイーグル専用デザインとなるシート(運転席4ウェイパワーランバーサポート付き)が特別装備される。ボディカラーは、特別色となるグレーマグネシオメタリック(限定100台)と、人気色のヴォーカルホワイト(同100台)がラインアップされる。

コンパス・ナイトイーグル

 

チェロキー・ナイトイーグル

チェロキー・ナイトイーグルは、LEDヘッドライトやレザーシート、充実した安全装備を備えた「ロンジチュード(税込み4,490,000円)」をベースに、フォグランプベゼルやウインドーモールディング、ルーフレールをブラックで仕上げて全体に統一感のある佇まいにまとめられる。ボディカラーには、ベース車には設定のないグラナイトクリスタルメタリックを採用した。

チェロキー・ナイトイーグル

 

チェロキー・ナイトイーグル商品サイト
https://www.jeep-japan.com/special_models/nighteagle-kl.html

コンパス・ナイトイーグル商品サイト
https://www.jeep-japan.com/special_models/nighteagle-m6.html

レネゲード・ナイトイーグル商品サイト
https://www.jeep-japan.com/special_models/nighteagle-bv.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!