【知られざるクルマ】Vol.1 メルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲンのプジョー版……その名は「P4」

メルセデス・ベンツのGクラスといえば、世界でも有数の高級SUVとして知られているが、その前身・ゲレンデヴァーゲンに、なんとプジョー版が存在したことをご存知だろうか。

誰もが知る有名なメーカーが出していた「知られざるクルマ」をお送りする第1回は、“まさか” のコラボで生まれた「プジョー P4」でスタートしたいと思う。

ゲレンデヴァーゲンのプジョー版「P4」

Gクラスは高級SUVであり、かつ本格的な4輪駆動車でもある。悪路走破性が高いのは、Gクラスが元来軍用車として開発されたというルーツを持つためだ。1979年にデビュー当時はドイツ語で「オフロード車」を意味する「ゲレンデヴァーゲン」と呼ばれており、現在の呼称「Gクラス」の「G」は、もちろんこのGelandewagenに由来する……というのは、もはや説明の必要もないだろう。

デビュー当時のゲレンデヴァーゲン。シンプルで無骨。

そのGクラス=ゲレンデヴァーゲンに、プジョー版の「プジョー P4」なるモデルが存在することは、ほとんど知られていないのではないだろうか。ではなぜ、フランスのプジョーがメルセデス・ベンツの、しかもゲレンデヴァーゲンを作ることになったのだろうか。その理由には、やはりゲレンデヴァーゲンが「生まれた理由」に関係があるのだった。

フランス陸軍は戦後、小型車両としてアメリカのウイリスジープ、およびそれをオチキスがライセンス生産した「オチキスM201」を使用していたが、1960年代後半になって、これら1万台近いジープを新しい車両に代替する必要に迫られた。そこでフランス陸軍は自国・フランスの各メーカーに開発を依頼したが、ルノー、プジョー、シトロエンともに独自の車両は開発せず、海外メーカーの車両を手直しして、軍部の要求と仕様に答えることとした。

ルノー/サヴィエムTRM500のベースになった、フィアット・カンパニョーラ。

ルノー・サヴィエムグループは、フィアットの4WD「カンパニョーラ」にルノー20のエンジンを積んだ「TRM500」を、プジョーはメルセデス・ベンツ のゲレンデヴァーゲンをアレンジした「P4」を、シトロエンはVWの「タイプ183・イルティス」のエンジンを「CX」用のOHCユニットに置き換えた「C44」を用意して、コンペに臨んだ。そして、紆余曲折の結果、フランス陸軍はゲレンデヴァーゲンのプジョー版・P4を選択。1981年から正式採用されることになった。

外観はゲレンデヴァーゲン、エンジンはプジョー

プジョーP4の市販型。ボディはほぼゲレンデヴァーゲンなのに、灯火類とエンブレムが異なるだけでフランス車っぽくなるのが不思議。

1982年から、フランス北部にあるプジョーのソショー工場から送り出されたP4だったが、プジョーではメルセデス・ベンツ が作ったボディに、504 のガソリン/ディーゼルエンジン・604 のトランスミッションを載せ、塗装を行なって出荷していた。つまり、厳密には生産ではなく、「組み立て」だった。これは、P4の生産をメルセデス・ベンツ とプジョーが50:50で担当する、と合意したことによるものだ。

外観は、基本的にはゲレンデヴァーゲンを踏襲するが、P4オリジナルデザインとなった灯火類のナセルには、四角いヘッドライトと車幅灯・ターンシグナルが収まり、独特の表情を醸し出す。グリル中央にはプジョーマークが鎮座し、P4がプジョー・ファミリーの一員であることを強調していた。

グリルに貼られるリオン・プジョーのエンブレムは大きめ。

当初は15,000台の生産を予定していたが、軍の縮小などを受け約13,500台に台数が減らされ、しかも1985年からは生産自体がパナール(世界最古の自動車メーカーのひとつ。現在は軍用車メーカーになって存続)に移管した。現在では最初の投入から40年近くが経っていることもあり、代替車両の「PVP(petit véhicule protégé=小型防護車)」や「フォード・レンジャー」などが、P4をほぼ置き換えている状態だという。

なお、プジョーP4は、いわゆる民生用として市販モデルが販売されたが、その台数は多くなく、貴重な存在となっている。ゲレンデヴァーゲンと同様、市販型にも鉄製屋根・ドアを与えた仕様も作られたが、数はさらに少ないと思われる。

P4にはプジョー製のガソリン/ディーゼルエンジンが搭載された。

最後に、面白い話を。

実は、フランス陸軍がメルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲンの亜種を採用した一方で、当時のドイツではなんと、VW イルティスがゲレンデヴァーゲンを打ち破って正式採用を勝ち取っていた。なんという興味深い話!

そこで次回の「知られざるクルマ」は、これまた誰も知らない一台、VWの知られざるオフローダー「イルティス」をご紹介したい。ゲレンデヴァーゲンにコンペで勝ったイルティスは、現在のアウディ・クワトロに通じる、VW・アウディグループの隠れたエポック車両だった……というお話。どうぞお楽しみに。

フォト=遠藤イヅル/I.endo(プジョー)

この記事を書いた人

遠藤イヅル

1971年生まれ。商経系大学を卒業後カーデザイン専門学校に入学。メーカー系レース部門の会社へ就職し、デザイナーとして勤務する。その後一般企業のデザイナーやディレクターとして働き、独立してイラストレーター・ライターとなった。実用車、商用車を特に好み、クルマの歴史にも詳しい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧