ジープから「グランドチェロキー」と「コンパス」の限定モデル、「トレイルホーク」が発売!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/04/07 16:30

走破性を高めるアイテムと内外装の特別装備で特別な1台に

FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」と「ジープ・コンパス」に、高いオフロード性能と洗練された内外装を追求した限定車「トレイルホーク」を設定。4月18日(土)より、全国のジープ正規販売店を通じて発売する。販売台数および消費税込みの車両本体価格は、「グランドチェロキー・トレイルホーク」が152台限定で6,740,000円、「コンパス・トレイルホーク」は100台限定で4,220,000円。

両モデルのトレイルホークは、ダークカラーを基調とする専用エクステリアパーツやアルミホイール、上質な専用シートなどを装備。内外装をスタイリッシュに演出するとともに、オフロード性能をさらに強化した限定車に仕上げられた。

グランドチェロキー

機能面では、リヤアクスルに電子制御式LSDを採用した「クォドラドライブII 4×4システム」を採用。滑りやすい路面でも安定した走行を実現している。また、急勾配の登り坂や下り坂を一定の速度で安定して走行できるセレクスピードコントロールを備え、高い走破性を容易に引き出すことができる。

外装は、フロントグリルやドアミラーカバーにナチュラルグレーのアクセントカラーを採用。さらにマットブラックのボンネットデカールやピアノブラックのベルトモール、専用18インチアルミホイールにより精悍な雰囲気に仕立てられた。

一方、レッドの牽引フックや「Trail Ratedバッジ」、レッドのアクセントカラーをあしらったナチラルグレーのジープバッジ、およびグランドチェロキーバッジもエクステリアのアイキャッチに。車体を保護するスキッドプレートの視覚効果と相まって、本格オフローダーの血統を感じさせるスタイルが完成した。

インテリアには、レザーとスエードのインサートを組み合わせた「TRAILHAWK」のロゴ入りシートを採用。レッドステッチをあしらったインテリアアクセントも、車内を上質な雰囲気で包み込んでいる。 なお、設定されるボディカラーはグラナイトクリスタルメタリックC/C(限定74台)、ダイアモンドブラッククリスタルP/C(限定68台)、ヴェルベットレッドP/C(限定10台)の3色となっている。

コンパス

こちらは、悪路を極低速で走行する場面で役立つ「ジープ・アクティブドライブロー」を搭載。急な下りの勾配路を一定の低速で安定して降りられるヒルディセントコントロールも備え、オフロード性能が強化された。エクステリアは、ダークグレーのアクセント付きブラックグリルやダークグレードアミラー、ダークグレールーフレールなどを採用。全体に引き締まった印象でまとめられ、レッドのTrail Ratedバッジも抜群の走破性を物語る。

加えて、車体にはフューエルタンクやフロントサスペンション、トランスミッションといった基幹部品を衝撃から保護するスキッドプレートが装着、タフな印象が強められている。そしてインテリアは、レザーとファブリックを組み合わせたTRAILHAWKロゴ入りコンビネーションシートを採用。こちらもレッドステッチ入りのインテリアアクセントが、冒険心を演出している。このほか、アウトドアギアなどの積載に便利なリバーシブルカーゴフロアやラバーフロアマットも装備。SUVとしての実用性が高められている。

なお、ボディカラーには通常モデルには設定のないグレーマグネシオメタリックP/C(内装色はブラック)を採用している。

商品サイト

グランドチェロキー・トレイルホーク:
URL https://www.jeep-japan.com/special_models/grand-cherokee-trailhawk.html
コンパス・トレイルホーク:
URL https://www.jeep-japan.com/special_models/m6-trailhawk.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!