ジャガー・ランドローバーが新たな都市型モビリティを開発

AUTHOR

多彩な用途に応える自律走行可能なEVコンセプト「プロジェクト・ヴェクター」

2月18日、ジャガー・ランドローバーは近未来の都市型モビリティを表現したコンセプトモデル「プロジェクト・ヴェクター」を発表した。

ジャガー・ランドローバーの掲げるミッション「ディスティネーション・ゼロ」は、社会をより安全で健康的にするとともに、よりきれいな環境を作り出すためのもの。これには製品、サービス、そして施設全体でゼロエミッション、ゼロアクシデント、ゼロ渋滞を達成することに焦点が当てられている。この目標を達成する次のステップとして開発されたのがプロジェクト・ヴェクター。自動運転に対応した多目的EVコンセプトだ。

モノスペースフォルムを描くボディは全長約4mで、さまざまな用途を可能にするためにバッテリーやドライブコンポーネントをすべてフラットな床の下に搭載している。キャビンのレイアウトは柔軟に変更でき、プライベートな使用はもとより、乗り合いにも対応。さらに、宅配用をはじめとするビジネスユースにも応えられる。

これにより、単にユーザーが所有するだけでなくライドシェアやタクシーといった公共交通機関にもなるため、将来の都市モビリティネットワークに役立てることが可能だ。

同社は英国コベントリー市と協力して、2021年後半から同市内で実証実験スタートさせる計画だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!