エンジンを強化! トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表!

AUTHOR
2020/02/15 10:00

3Lエンジンの最高出力を14%プラスの382hpに引き上げ、よりパワフルな走りを実現

トヨタは2月13日、米国フロリダ州デイトナで「GRスープラ」の2021年モデル(米国仕様)を発表した。日本での発売は2020年秋以降を予定している。

2021年モデルでは、搭載する3Lエンジンの最高出力が従来型より14%アップとなる382hpに向上。最大トルクは、365ポンドフィート(495Nm)から368ポンドフィート(499Nm)に高められている。なお、日本仕様の現行3Lモデル「RZ」のスペックは340ps/500Nmだから、2021年モデルの日本仕様は少なくとも最高出力は向上するとみられる。ちなみに382hpをps単位に換算すると387.3psとなる。

このスペックアップにより、0-60マイル(約97km/h)加速タイムは、従来型から0.2秒短縮された3.9秒を実現。パワフルな走りに磨きが掛けられた。

このほか2021年モデルでは、フロント部にブレースを追加したことによってボディ剛性の強化を図るとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニング。コーナリング中の安定性が引き上げているという。

●GRスープラ(3Lモデル)米国仕様 スペック比較

  •  

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!