【比較試乗】「BMW 3シリーズ」BMW最新のスポーツセダン&ツーリングを徹底試乗

AUTHOR
2020/02/15 12:00
 | BMW , 試乗記

導入予定だった全パワーユニットが日本市場に出揃い、待望のツーリングもラインナップに加わったBMW3シリーズ。フルメンバーとなったことで、同一モデル内での相互関係も気になるところ。そこで3シリーズ徹底比較を決行。新たな魅力や気付きを探った。

改めて、至る所が刷新され存在感が増している

日本でのデビューから間もなく1年の時が経つG20系3シリーズ。欧州市場での新たな型式認定基準となるWLTP対応に手が回らず、世界的にローンチスケジュールが遅れる中、日本においてはようやくパワートレインやトリムラインも充実、そしてツーリングも発売を開始したところだ。

BMW M340i xDrive

プレミアムカテゴリーのベストセラーに返り咲くべく、その準備が整ってきたところで、320iを除くパワー&ドライブトレイン、そしてツーリングを連れ出して比較する機会に恵まれた。
今回連れ出したモデルは5種類。320dはセダンとツーリングの両方を、そして330i、330e、M340iはセダンで、トリムラインは全てMスポーツ。駆動方式は330iと330eがFR、他はxDriveとなる。
新型3シリーズの車寸はセダンで全長4715mm、全幅1825mm、全高1430mm。前型F30系に比べるとそれぞれ+70mm、+25mm、10mmのマイナスとなる。このセグメントでは唯一の全幅1800mmはかえってチャームポイントでもあったが、Cセグメント以上の動向をみれば拡幅は致し方なかったというのも理解できなくはない。

BMW M340i xDrive/エンジン形式=B58B30B /エンジン種類=直6DOHC24V+ターボ

一方、ツーリングの車寸は全長と全幅はセダンと変わらず、全高はルーフレール分が増えて1475mmとなる。荷室容量は5名乗車の状態でセダンが480L、ツーリングが510L。リアシートは共に40:20:40の分割可倒式で、ツーリングは2名乗車時には最大1510Lの積載容量を確保する。これは前型に対してわずかながら大きくなっている。ガラス部分が独立で開閉できるリアゲートは新型でも引き継がれた。
ホイールベースは共に前型比で40mm長い2850mm。その恩恵は後席居住性、特に足元空間のゆとりからも感じられる。座面高はやや低く感じられるものの、背もたれの角度や前席下部へのつま先の収まりに違和感はない。ただし181cmの筆者が座るとセダンでは頭側方の圧迫感がやや気になるところで、この点、側面の絞りが小さいツーリングの方が歴然と快適なのは、前型と同じだ。

BMW 320d xDrive Touring M Sport

搭載されるエンジンは320i、330i、330eがB48系2L4気筒直噴ターボ、M340iがB58系6気筒直噴ターボ、そして320dがB47系2L直噴ディーゼルターボとなる。
今回はスケジュールの関係で320iが取材には同行できなかったが、日本市場を重視して専用チューニングを受けたユニットは184ps&300Nmを発揮。PHEVとなる330eは320iと同スペックのエンジンに83kW&265Nmのモーターを組み合わせ、システム出力は252ps&420Nmとなる。そして330iは258ps&400Nmと、これらが4気筒ガソリンユニットのバリエーションだ。加えて日本では一番の売れ筋となるだろう、シーケンシャルツインターボと尿素SCRを採用した新骨格の4気筒ディーゼルユニットを積む320dは190ps&400Nmを発揮。そして現状のフラッグシップとなるM340iは唯一の6気筒ガソリンとなり、387ps&500Nmをマークする。

BMW 320d xDrive Touring M Sport

フォト=篠原晃一/K.Shinohara ルボラン2020年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!