名前はズバリ「ジャポーネ」! 「フィアット500」に「日本とイタリアを結ぶ」をテーマにした限定モデルが登場

H.Tanaka
AUTHOR
2020/02/07 16:30

専用装備のステッカーは日本の「水引」がモチーフに

FCAジャパンは「フィアット500(チンクエチェント)」に、イタリアと日本のクロスカルチャーを追求するフィアットの思いを日本伝統の「水引」と重ね合わせ、それをモチーフに取り入れた限定車「500スーパーポップ・ジャポーネ」を設定。2020年2月15日より、全国の正規ディーラーより200台限定で販売する。消費税込みの車両本体価格は1,890,000円と、ベースモデル(2,000,000円)よりお得感の強い設定となることも要注目のポイントだ。

このモデルは“日本とイタリアの融合”、および“フィアットとお客様を結ぶ”という思いが込められた限定車。専用装備となるステッカーは、日本で古くからお祝いの場面や装飾として親しまれている「水引」をモチーフとしている。モデル名の「ジャポーネ」は、日本を意味するイタリア語表記だ。

ロングセラーとなっているフィアット500は、外からも車内からでも楽しめる、愛らしい内外装デザインが特長、この限定車では、車体の前方側面(フロントフェンダー)とインスツルメントパネルに白・赤・緑からなるトリコローレカラーの水引をデザインしたステッカーが貼付。デザインのワンポイントとなっている。

ボディカラーならびに販売台数は、ボサノバ・ホワイト(限定120台)、パソドブレ・レッド(限定40台)、ミント・グリーン(限定40台)の3色が設定。このうち通常は有償色となるボディカラーも、限定車では同価格にて提供される。

ベースとなった「500 1.2ポップ」は、アイドリング中にエンジンを停止するSTART&STOP機構付きの1.2Lエンジンを搭載。19.4km/L(JC08モード)という低燃費を実現している。また、7インチタッチパネルモニターを搭載したApple CarPlay/Android Auto対応のオーディオプレイヤー(Uコネクト)やキーレスエントリーが標準で備わるなど、快適性を高める装備も充実している。

※商品サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/superpopgiappone/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!