【国内試乗】「ルノー トゥインゴ」トゥインゴと暮らすと毎日が楽しくなる理由

AUTHOR
2020/02/04 11:00

どこか癒し系のキュートな佇まい、標準モデルで200万円を切る価格設定など、トゥインゴを語る上でのキーワードはいくらでもあるが、その最大の魅力は“運転するのが楽しくなること”に尽きる。昨年のマイナーチェンジで、軽快な身のこなしに磨きをかけてきたトゥインゴを都内で走らせた。

俊敏な機動力はそのままに乗り心地を大幅に改善!

小さいことっていいことだ。軽いことって素晴らしい。小回り効くって最高! ルノー・トゥインゴを運転すると、そんな言葉が心の中から次々に溢れ出して来る。

昨年のマイナーチェンジで前後LEDランプがCシェイプとなったほか、前後バンパーデザインを変更。ホイールも新デザインに。

そんなトゥインゴは昨年マイナーチェンジを受けて、外観の化粧直しとともに装備を充実。具体的にはルノーのアイコンとなるCシェイプのLEDヘッドライト&ウインカーを備え、前後バンパーを刷新。7インチのタッチスクリーンはスマホ対応となり、音声入力も可能となった。
そして日本仕様は6速ATを搭載する0.9L直列3気筒ターボモデルのみに一本化。今回試乗したのは、そのバリエーション展開として新登場した、キャンバストップ装着モデルである。

リアに搭載される897ccの3気筒ターボは92psへとパワーアップ。トランスミッションは6速AT。

マイナーチェンジしてからのトゥインゴは、その見た目以上に走りが洗練された。エンジン出力は額面2psアップの92psとなったが、これについて正式なアナウンスはない。可能性としてはGT譲りのサイドエアインテークが標準化され、吸気温度を下げた効果かもしれないが、実質的には動力性能に影響を与えるものではない。

Apple CarPlayとAndroid Autoに対応のEASY LINK機能を持つ7インチタッチスクリーンが標準装備。使い勝手もさらに向上。

では、新型トゥインゴで何が変わったかといえば、それはずばり乗り心地だ。スポーティと言えば聞こえはいいが、段差を乗り越えた際にビシッ! というやや強めだった入力が、絶妙に和らげられていたのである。

フォト=郡 大二郎/D.Kori  ルボラン2020年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧