白川郷本来の雰囲気を味わえる早朝の時間帯(岐阜県 白川郷)【雲海ドライブ&スポット Spot 51】

2020/01/19 12:00

荻町城跡展望台からは集落の全景を眺められる

世界遺産に登録されて以来、日本国内はもとより海外からも大勢の観光客が訪れるようになった白川郷の合掌造り集落。その本来の静かな山里の風情を味わいたいなら、観光客の少ない早朝に訪ねてみるのがいいだろう。この時間帯は集落に雲や霧がたなびくことも多いので、もしそうなれば、さらに感動的な風景と出会うことができる。上の写真のように、合掌造り集落の全景を眺めたいなら、国道360号などで登る荻町城跡展望台がお勧め。

霧や雲で白川郷の展望が良くない時は、白山白川郷ホワイトロードを少し登ると、雲海風景になっていることが多い。このような雲海は晩秋に発生しやすい。

アクセスガイド

最寄りの東海北陸道・白川郷ICまでは名古屋ICから約175km、東京ICから約490km、吹田ICから約295km。金沢方面からは白山白川郷ホワイトロード(普通車:片道1,600円/冬季閉鎖・夜間通行止め)経由もお勧め。

Data【Spot 51 白川郷】
雲海遭遇率 ★
雲海の季節 通年

◎所在地/岐阜県白川村
◎ルート/国道156号など
◎冬季閉鎖/なし
◎最高地点/標高約550m

観光情報

白川郷観光協会 TEL 05769-6-1013

文:佐々木 節/撮影:平島 格

『雲海ドライブ&スポット』より転載。掲載データなどは2017年8月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。 ※写真提供:岐阜県白川村役場

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!