“フラットシックス”がレギュラーモデルにも! ポルシェが「718ボクスター&ケイマン」に「GTS 4.0」を追加!

AUTHOR
2020/01/17 11:00

400psの4Lエンジン搭載で0-100km/h加速4.5秒を実現

1月16日、ポルシェは「718ボクスター/ケイマン」のラインアップに4L水平対向6気筒エンジンを搭載した「718ボクスターGTS 4.0」「718ケイマンGTS 4.0」を設定したことを発表した。

このモデルには718スパイダー、718ケイマンGT4に搭載されているものと同じ4L水平対向6気筒エンジンを搭載。最高出力はスパイダー&GT4の420psに対して、GTS 4.0は400psを発揮する。6速MTとスポーツエキゾーストシステムの組み合わせは、抜群のパワーデリバリーと満足度の高いドライビングプレジャーをもたらす。0-100km/h加速は、718スパイダーや718ケイマンGT4の4.4秒に迫る4.5秒を実現。最高速度は293km/hと発表された。

標準装備のPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)は20mm車高を下げたシャシーと連動し、ダイナミックなハンドリングと普段使いに適した快適性を両立。加えて、PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネジメント)やアップグレードされたポルシェトラックプレシジョンアプリを含むスポーツクロノパッケージ、PADM(ポルシェ・アクティブ・ドライブトレイン・マウント)、そして機械式リミテッドスリップディファレンシャルを備えたPTV(ポルシェ・トルク・ベクトリング)など、パフォーマンス志向のコンポーネントが標準装備されているのもこのモデルの特徴だ。

エクステリアではスポイラーリップのほか、スポーツデザインフロントエプロンのブラックエアインテーク、フロントフォグライトレンズ、リヤライトレンズ、そして再設計されたリヤ下部のバンパーに適用されるコントラストダークカラーによるディテールはGTSモデル特有のスポーツ性を表現。エキゾーストシステムは、GT4由来のツインテールパイプ仕様だ。

ホイールはサテングロスブラックの20インチ軽合金タイプ。タイヤはフロントが235/35ZR20、リヤが265/35ZR20サイズの高性能銘柄を履く。ブレーキは強化版で、クロスドリルドディスクにレッドキャリパーを組み合わせる。オプションで、PCCB(ポルシェ・セラミック。コンポジット・ブレーキ)を選択することも可能だ。

インテリアでは、ダークカラーのアルカンターラが標準装備のスポーツシートプラスのセンターパネル、ステアリングホイール、シフトノブ、ドアアームレストに用いられスポーティでエレガントな雰囲気を高めている。718ケイマンGTS 4.0の場合は、アルカンターラがAピラー部分やルーフライニングにも用いられる。

インフォテイメントシステムは、高解像度7インチタッチスクリーンを組み合わせるPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)が標準装備。このモデルには拡張されたトラックプレシジョンアプリを含むスポーツパッケージが備わり、サーキットトラックなどでのパフォーマンス関連のデータを表示・記録できる。なお、日本仕様にはリアルタイム交通情報を備えたオンラインナビゲーションモジュール、ボイスコントロール、「Porsche Connect」も標準装備。このほか、オプションでBOSEサラウンド・サウンドシステムやBurmester(ブルメスター)ハイエンド・サラウンド・サウンドシステムが用意されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧