トヨタがリハビリ支援ロボットをリニューアル

田畑修
AUTHOR
2020/01/17 15:05

トヨタ自動車が開発してきた下肢リハビリテーション支援ロボットの新型が登場。従来のウェルウォークWW-1000の進化版ウェルウォークWW-2000はリハビリ継続のモチベーションを維持するためのゲーム機能なども盛り込み、今までのレンタル方式から医療機関向けの販売と業態も転換。価格は2350万円、2年目以降のメンテナンス料が月5万円で年間50台の販売を目指す。

ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧