オートサロンで発表された「スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツ」はここが新しい!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/01/16 07:00

走りのパフォーマンスを高めるスバル初採用の装備を搭載

スバルは、東京オートサロン2020において、「新型スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツ」を初公開した。

スバルは新型レヴォーグ・プロトタイプを第46回東京モーターショー2019にて世界初公開。スバルの最先端技術を結集し、自動運転化が進むモビリティ社会において「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現したパフォーマンスワゴンと位置付けている。

その開発にあたって目指したことは、スバルを信頼するユーザーのために「クルマの本質である運転を、心から愉しめる未来をつくること」、「お客様の人生をもっと豊かにしていくパートナーであること」だったという。また、「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というスバルが提唱し続ける“グランドツーリング思想”に基づき時代の先を見据えた最先端の技術を注ぎ込み、新世代スバルの象徴となるモデルとして開発したとか。

今回初公開した新型レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツは、スバルとSTIが一丸となり新型レヴォーグの進化した走行性能にさらなる磨きをかけた、革新し続けていく「スバルの走りの未来」を切り拓く1台に仕上げられた。

ハードウェア面では、「電子制御ダンパー」をスバル車として初採用。走りはじめからすぐにわかる上質な乗り味と、スポーティな走りを高い次元で両立した。さらに、スイッチ操作ひとつでクルマのキャラクターを変更できる「ドライブモードセレクト」も同じくスバルとして初採用。従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなくステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できるようになった。

新型レヴォーグ・プロトタイプ専用ページ
https://www.subaru.jp/levorg/prototype/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧