“ニュル”のFF最速モデル、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」の日本向けは合計51台!

AUTHOR
2020/01/15 17:03

標準モデルは47台限定で税込み6,890,000円、さらに軽量化した‘カーボン・セラミックパック’は4台限定で税込み9,490,000円

1月10日、ルノー・ジャポンは2019年4月5日にドイツ・ニュルブルクリンクサーキット北コースにおいて、量産FF車最速記録(ラップタイム7分40秒100)を樹立したメガーヌのトップパフォーマンスモデル「メガーヌR.S.(ルノー・スポール)トロフィーR」の購入申し込み受け付けを開始した。

メガーヌR.S.トロフィーRは、メガーヌR.S.トロフィーをベースに、エンジンパワーに頼ることなくサーキットのラップタイムを短縮することを目指し、徹底した軽量化やサスペンションを含むシャシー性能の向上、そして空力性能の大幅な向上を果たしたモデルだ。

パワートレインは、300ps/400Nmを発揮する1.8L直列4気筒直噴ターボエンジンと6速MTの組み合わせ。カーボンコンポジットボンネットやカーボンリヤディフューザーといったアイテムを採用したほか、さらにリヤシートを非装備とするなどにより大幅な軽量化を達成。車重はベース車のメガーヌR.S.トロフィーより130kg軽い1320kgを実現した。

専用チューニングのシャシーやトルセンLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)を搭載し、卓越したコーナリングパフォーマンスやハンドリングを実現。メガーヌのトップパフォーマンスモデルにふさわしい走りが楽しめるモデルに仕立てられている。

この「メガーヌR.S.トロフィーR」は世界限定500台(日本市場割り当て47台)が発売されるのだが、さらに軽量化を図っているのが「メガーヌ R.S.トロフィーR‘カーボン・ セラミックパック’」だ。

このモデルでは、軽量なカーボンホイールや、強力な制動力を持つカーボン・セラミックフロントブレーキディスクといった、より高いレベルのドライビングスキルを持つエキスパートドライバーに向けた専用装備を搭載。全500台のうち30台限定で発売され、日本割り当てはわずか4台に限られる。

販売方法は標準の「メガーヌR.S.トロフィーR」は申し込み受け付け順、「メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・ セラミックパック’」は抽選となる。購入申し込みはルノー・ジャポン公式ウェブサイト内「メガーヌR.S.トロフィーR」ページにて。

●【メガーヌR.S.トロフィーR専用装備】
※メガーヌ R.S. トロフィーから追加される専用装備
・カーボンコンポジットボンネット
・カーボンリヤディフューザー
・アクラポヴィッチ製チタンエキゾースト
・メガーヌR.S.トロフィーR専用デカール
・ブラックシャークアンテナ
・サベルト製モノコックレーシングシート
・トロフィーR専用アルカンタラステアリング
・ラゲッジネット
・タイヤ用ネット
・トロフィーR専用シャシー
・オーリンズ製調整式ダンパー
・19インチ鍛造アロイホイール

●【メガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’専用装備】
※メガーヌR.S.トロフィーRから追加される専用装備
・ブレンボ製カーボンセラミックブレーキディスク&ゴールドキャリパー(フロント)
・カーボンホイール
・ダイナミックエアインテーク

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧