サンバイザーも進化する! ボッシュが「バーチャルバイザー」を発表

AUTHOR
2020/01/08 09:00

太陽光による幻惑防止と良好な視界確保を両立

1月6日、ドイツの大手サプライヤーのボッシュは1月7日に米国ラスベガスで開幕した世界最大級の家電見本市「CES2020(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2020)」において革新的技術を用いたサンバイザー「バーチャルバイザー」を披露した。

ボッシュは、ドライバーの安全性と快適性を考え続けるなかで、忘れがちなインテリアコンポーネントであるサンバイザーに注目した。太陽の光は一時的に目が見えない状況を生み出すこともあり、ほかの天候条件と比べると自動車事故を誘発する確率は約2倍になる。

このたびボッシュが開発したバーチャルバイザーは、従来のサンバイザーとは異なり、透明な液晶ディスプレイとカメラで構成。インテリジェントなアルゴリズムを用いて太陽の眩しさを判断して遮断しながら、ドライバーの前方視界を遮ることはない。

具体的には、液晶ディスプレイパネルとドライバーまたは乗員をモニターするカメラとを結び付け、太陽がドライバーの顔に落とす影を追跡。システムは人工知能(AI)を使って、ドライバーに向けられたカメラの画像に基づきドライバーの位置を特定する。また、AIを活用して目、鼻、口を含む顔の特徴的な要素を判定することで、顔の上の影を識別することができる。アルゴリズムがドライバーの視界を分析し、ディスプレイ上でドライバーの目に光が届く部分のみを暗くする。ディスプレイの残りの部分は透明なままで、ドライバーの視界を大きく遮ることはないというわけである。

液晶技術の独創的な利用により特定の光源を遮断することで、危険をもたらす太陽の眩しさ、ドライバーの不快感および事故のリスクを減らし、同時にドライバーの視認性、快適性および安全性が向上すると同社は主張している。

このバーチャルバイザーは、「CES2020イノベーションアワード」で「ベストオブイノベーション」を受賞。同社は社内のカーマルチメディア事業部の主導によって、実用化に向けた研究・開発を進めていくという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!