運転支援システムなどを標準化。「三菱ekクロス」に特別仕様車が設定!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/27 15:00

SUVらしさを強調する専用ディーラーオプションも用意

三菱自動車は、SUVテイストの軽ハイトワゴン「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定。12月25日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、2WDが1,820,500円。4WDは1,952,500円となる。

「Tプラスエディション」は、最量販グレードの「T」をベースに人気装備である高速道路同一車線運転支援技術「マイ・パイロット」と電動パーキングブレーキ、後方の視認性を高める「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」を標準装備とした。また、リヤバンパーのシルバーアクセントをブラックとしている点が外観上の特長となる。

さらに今回は専用ディーラーオプションパッケージとして、「Tプラスエディション・コンプリートパッケージ」を設定。パッケージの内容は「フロントバンパーガーニッシュ(ブラックマイカ)」、「テールゲートガーニッシュ(ブラックマイカ)」、「サイドデカール(ブラック/シルバー)」。フロントとリヤをブラックに統一することで、eKクロスの精悍さを一層高めるとともに、SUVらしい外観を一層引き立たせている。

なお、コンプリートパッケージ」の価格は58,630円(消費税10%込み、本体+参考取り付け工賃)だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧