【国内試乗】「AUDI A8」その乗り心地は異次元感覚ともいえるフラットライド!

2019/12/25 11:00

「技術による先進」をスローガンとして打ち出すアウディだけに、そのフラッグシップたるA8は、世代交代を重ねるたびに初採用となる最先端テクノロジーに注目が集まってきた。ここで取り上げるのは、いよいよオプションで選べるようになったプレディクティブアクティブサスペンション。その異次元感覚ともいえるライドフィールをお伝えしよう。

最新のフラッグシップはハイテクショーケース

2018年9月に日本上陸を果たしたアウディのフラッグシップ、A8に新たなオプション装備が加わった。“プレディクティブアクティブサスペンション”は、いわゆるフルアクティブサスペンションのことである。そもそもアクティブサスペンションとはばね定数とダンパーの減衰力を状況に応じて瞬時に変化できるのが特徴で、大きく分けて油圧式と電動式が存在するが、A8は電動式を採用してる。電動式のメリットは油圧式よりも応答が早い点にあるのだが、それを可能にしたのは、A8のマイルドハイブリッドシステムに組み合わされている48V電源である。

リアエンド左右を水平に繋ぐライトユニットとクロームモールがフラッグシップならではの存在感を際立たせる。試乗車のボディカラーはテラグレー・メタリック。

電動式のプレディクティブアクティブサスペンションは、この48V電源を使用する。4輪にそれぞれひとつずつアクチュエータが装備されており、アクチュエータ(電気モーター)に電気が流れるとベルト駆動でトーションバーをねじってばね定数や車高を変化させる。ばね定数と車高調整ならエアサスでもできるが、電動式のこのシステムのほうが反応時間は格段に早いという。例えば25km/h以上で走行中に側突の危険を察知すると、わずか0.5秒で衝突する側のボディを最大8cm持ち上げて、強度のあるサイドシルで衝撃を受け止める。こうしたレスポンスは電動式でないと実現できない。

55TFSIクワトロが搭載するのは3L V6ターボで、低回転域から最大トルクを発生。あらゆる状況で必要な加速を瞬時に引き出すことができる。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ル・ボラン2020年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧