タフなイメージを強調! 「三菱RVR」に特別仕様の「ブラック・エディション」がラインアップ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/13 17:00

「エクリプス・クロス」から続く特別仕様車シリーズの第4弾!

三菱自動車は、コンパクトSUVの「RVR」に三菱車らしいタフで独創的なデザインをさらに引き立たせた特別仕様車「ブラック・エディション」を新設定。12月12日より販売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、2,448,600円~2,689,500円。

RVRは、コンパクトなボディに路面状況に合わせて最適な操縦安定性と走破性を実現する電子制御4WD機能を備えたモデル。約90カ国で販売されており、幅広いユーザーの支持を集めている。特別仕様車のブラック・エディションは昨年より「エクリプス・クロス」、「アウトランダー」、「ミラージュ」に設定されており、今回のRVRはそれらに続く第4弾となる。

ベースモデルは上級グレードの「G」で、エクステリアにはピアノブラック塗装とブラックを組み合わせた専用フロントグリルを採用。18インチのアルミホイールもブラック塗装とすることで精悍さが高められた。加えてLEDターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラーをブラックマイカ、ベルトラインモールをブラックとしてタフで独創的なデザインをさらに引き立たせている。またメーカーオプションのルーフレールも標準で備わる。ボディカラーはレッドダイヤモンド、サンシャインオレンジメタリック、ホワイトパール、チタニウムグレーメタリック、ブラックマイカの5色設定となる。

インテリアでは、メーカーオプション設定のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシート(赤ステッチ入り)を標準装備したほか、赤ステッチを施した専用本革巻ステアリングホイール、専用本革巻シフトノブ、専用本革巻パーキングブレーキレバーを装備。また、メーカーオプション設定の運転席パワーシートや運転席・助手席シートヒーターを標準装備して利便性も向上している。加えて、ブラック内装に合わせてパワーウインドースイッチパネルをブラックとしたほか、アクセルとブレーキをアルミペダルとし、スポーティなテイストも演出されている。

RVR車種サイト
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/
特別仕様車「ブラック・エディション」スペシャルサイト
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/black_edition/

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧