「アウディRS5クーペ/スポーツバック」がベース車にならってマイナーチェンジ!

AUTHOR
2019/12/12 16:00

最新世代のインフォテイメントシステムを導入

12月10日、アウディはA5シリーズのトップパフォーマンスモデル「RS5クーぺ」、「RS5スポーツバック」のマイナーチェンジを実施した。近く発売される欧州市場での販売価格は8万3500ユーロ(約1007万円)からを予定している。

新型では、新型A5シリーズと同様、エクステリアを中心に一部デザインが刷新された。シングルフレームグリルはより広く平らな造形となり、新型「RS6」や「RS7スポーツバック」と共通のイメージに。

五角形を描くエアインテークを採用したフロントバンパーや、リヤのディフューザーインサートも新意匠となり、よりスポーティなルックスを手に入れている。新型ではオプションで、レーザーライト付きのマトリクスLEDヘッドライトが設定されている。ホイールは19インチが標準サイズだが、オプションで20インチのグロスブラック仕上げやマットブロンズ仕上げが選べる。

インテリアでは最新世代のインフォテイメントシステムを導入。10.1インチのMMIタッチディスプレイが組み合わされ、RSモデルならではの走行モード「RSモード」を選択すると、重力加速度やタイヤ空気圧、タイヤ温度といったパフォーマンスデータの表示も可能となる。また、12.3インチディスプレイによるデジタルメーター「アウディバーチャルコックピット」や「ヘッドアップディスプレイ」がオプション設定されており、こちらにもRS専用の情報表示が可能だ。

パワートレインは従来型がキャリーオーバーされ、450ps/600Nmを発揮する2.9L V型6気筒ツインターボエンジンと8速AT(ティプロトロニック)を搭載。3.9秒の0-100km/h加速タイムも従来モデルと同じだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!