【スクープ】第一弾は大幅改良の「アウディQ5」!2020年シーズンのウインターテストが始動

2019/12/12 11:00

パワーユニットは現行型を踏襲、インテリアは装備やトリム類が見直しの模様

各メーカーの新型プロトタイプが集結する、スカンジナビアの2020年ウインターテストが早くもスタートした。その第一号となったのは、アウディのミドルSUVである「Q5」のアップデート版だ。Q5は2017年に現行の2代目が発売されているが、昨年からすでにミッドサイクルリフレッシュの準備を始めている。

今回捕捉した開発車両はフロントとリヤエンド、サイドスカートなどをカモフラージュ。とはいえワイド化されたメッシュグリル、再設計されたコーナーエアインテークやテールライトが確認できる。さらにポンプアップされたスキッドプレートを装備し、ヘッドライトには内部にストレーキ(金属のフィン)が走る新グラフィックを採用していることもわかる。また、しっかりと艤装されていることからホイールアーチやサイドスカートなどがリフレッシュされることも間違いないだろう。

パワーユニット回りは、2L直列4気筒のディーゼル/ガソリンターボのほか最高出力300psを発揮する3L V6ガソリン+電気モーターの「50 TFSI e」、最高出力362psの「55 TFSI e」などのプラグインハイブリッドもキャリオーバーの見込み。ただし、新エンジンが追加されるという噂もある。

一方、室内は現行モデルの8.3インチ高解像度タッチスクリーンが10.1インチへと拡大される可能性がある。とりあえず、MMIインフォテイメントシステムのソフトウェアアップデートやトリムカラーの見直しといった小変更が実施されることは間違いないだろう。そのワールドデビューは、2020年内となりそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!