レクサス初の市販ピュアEV、「UX300e」がワールドプレミア!

AUTHOR

航続距離は400km、日本では2021年前半に発売予定

レクサスは、11月22日に中国・広州で開幕した広州モーターショーでレクサス初の市販EV「UX300e」を世界初公開した。2020年以降、中国や欧州などを皮切りに日本では2021年前半に発売される予定だ。

レクサスは先に開催された東京モーターショー2019で、電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表。これは電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に向上させ、クルマがもたらす楽しさや喜びをユーザーに提供し続けることを目的としたもの。ハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸として、パワートレイン、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御。これにより走行シーンに応じた駆動力コントロールを行なうことで理想的な車両姿勢を実現し、より安心・安全で運転する楽しさを感じられるクルマを提供することを目指す。

このビジョンのもとに初めて誕生した市販EVがこのUX300eだ。EVの潜在能力を活かしてクルマの根源的な価値を磨き上げるべく開発。具体的には、コンパクトクロスオーバーであるUXが持ち味とする個性的デザインや高い利便性、取り回しやすさはそのままに、レクサスのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求したという。

UX300eに搭載されるパワーユニットは、204ps/300Nmを発揮する電気モーターと総電力量53.4kWhリチウムイオンバッテリーの組み合わせ。航続距離は400kmをマークする。バッテリーの充電電力は、普通充電(AC)で最大6.6kW、急速充電(DC)で最大50kWと発表された。

モーターやバッテリーは車体下部に配置され、低い重心高を実現。前後重量配分や慣性モーメントの最適化により、優れた運動性能を発揮する。ドライブモードはパドルシフトの操作によって減速度を4段階から選択できる。

最新のコネクティッド技術が採用された点も特色で、専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離表示、充電の必要があるかの確認のほか、充電完了までの時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマー設定することも可能。さらにエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外から稼働させることができるなど、高い利便性を実現している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧