アウディがピュアEVの最新作、「e-トロン・スポーツバック」を発表

AUTHOR
2019/11/22 17:00

上級グレード「55クワトロ」にはブーストモードを搭載。0-100km/h加速を通常時の6.6秒から5.7秒に短縮可能

11月20日、アウディは「e-トロン」シリーズの第2弾となる「e-トロン・スポーツバック」を発表した。11月22日より一般公開がはじまるロサンゼルス・オートショー2019で披露されるこのモデルは、クーペスタイルを採用したSUVのピュアEV。欧州市場では11月末から受注がスタートする。

ボディサイズは全長4901×全幅1935×全高1616mmで、ホイールベースは2928mm。8角形のシングルフレームグリルをはじめ、アウディの新世代SUVファミリーに共通するデザイン言語が用いられた一方、「スポーツバック」と名乗る通り、ルーフラインをリヤに向かって傾斜させるクーぺテイストのボディスタイルを採用しているのが特徴だ。

電動パワーユニットは2種類設定される。「e-トロン・スポーツバック55クワトロ」には、前後合わせて265kW(約355ps)/561Nmを発揮する2基のモーターと、総電力量95kWhのバッテリーを搭載。6.6秒の0-100km/h加速と、200km/hの最高速を実現し、最大航続距離は446kmをマークする。

一方「e-トロン・スポーツバック50クワトロ」に搭載されるモーターは前後2基合わせて230kW(約308ps)/540Nmを発揮。バッテリーのエネルギー容量は71kWhで、55クワトロ用より約120kg軽くなる。0-100km/h加速は6.8秒、最高速は190km/hで347kmの最大航続距離を実現している。

上級に位置付けられる55クワトロには、さらに「ブーストモード」が備わっているのが特徴。シフトを「D」から「S」に変更、アクセルを全開にすると起動するこのモードではモーターの出力が300kW(約402ps)、トルクが664Nmに最長8秒間引き上げられる。このときの0-100km/h加速タイムは5.7秒に短縮される。

一般的な走行では後輪モーターだけによる後輪駆動の状態で走行するが、ドライバーのアクセル操作が後輪の許容範囲を超えるような場面では即座に前輪も駆動。このほか、氷雪上などの滑りやすい路面でも前後輪が作動し安定性に寄与する。また、高速コーナリング時などではアンダーステアやオーバーステアを防ぐために予測的に前輪が駆動する場合もある。

足回りには、アダプティブエアサスペンションを採用。走行状況に応じて車高が最大76mm可変できるもので、たとえば高速走行時は車高が下がり空力性能を高めて航続距離の拡大を図る。ドライバーが任意に走行モードを設定できる「アウディドライブセレクト」が標準装備され、ドライバーはこのサスペンションやステアリングなど、各コンポーネントの設定を7種類のプロファイルから選ぶこともできる。

装備面では、量産車で世界初となる「デジタルマトリクスLEDヘッドライト」の採用が新しい。これはビデオプロジェクターにも用いられている「DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)」の技術に基づいており、100万個のマイクロミラーを含むチップを内蔵。静電界を利用して、エッジの長さがわずか数百万分の1mmのマイクロミラーを毎秒最大5000回調節することで、高い精度で照射できるほか、きめ細かい照射により路面や壁にライトで文字や図形が表示できる。

インテリアでは12.3インチディスプレイによるメーターパネル「アウディバーチャルコックピット」や、12.1インチと8.6インチのふたつのディスプレイをセンターパネルに設置。これらのディスプレイはMMIオペレーティングシステムと統合され、Amazonの音声認識サービス「Alexa」を内蔵している。

5人乗車のキャビンには高い居住性が備わるほか、クーペスタイルながら615Lのラゲッジスペースを確保。可倒式の後席シートバックのアレンジにより、荷室容量は1655Lに拡大できる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧