MINI史上最速モデル、「ジョン・クーパー・ワークスGP」の予約が日本でもスタート!

AUTHOR
2019/11/21 16:00

306psの2Lターボ搭載。0-100km/h加速は5.2秒を実現

11月20日、ビー・エム・ダブリューは世界で3000台のみを限定生産するMINI史上最速モデル「MINIジョン・クーパー・ワークスGP」(以下GP)の、国内における予約注文受け付けを開始した。日本では限定240台が発売され、カスタマーへのデリバリーは2020年夏頃の見通し。消費税込みの車両本体価格は、5,760,000円だ。

“公道走行可能な英国ブランド車として最速のモデル”と同社が主張するGPは、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムが、先代モデルより約30秒速い、8分以下をマークする実力の持ち主。

この速さの原動力となっているのが、306ps/450Nmを発揮する2L直列4気筒ターボエンジンだ。エンジンスペックはベース車両となるMINIジョン・クーパー・ワークスのそれより75ps上乗せされており、8速スポーツATとの組み合わせにより、5.2秒の0-100km/h加速と、265km/hの最高速を実現している。

ベース車より10mm車高の下がるローダウンサスペンションや、トルセンLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)、スポーツブレーキシステムが搭載され、質の高い走りを支える。

ボディカラーは専用に開発された「レーシング・グレー・メタリック」を採用。見る角度によってライト・グレーからブルー・バイオレットへと移り変わることで、力強さと深みを生み出し、ルーフとミラーキャップのメルティング・シルバーが鋭いアクセントとなっている。

エクステリアではさらに、ワイドなトレッド、大きなフロントエプロン、張り出したホイールアーチカバーを備えたフロントデザイン、大型のリヤスポイラーが、妥協のないダイナミックなパフォーマンスを想起させる存在感のあるシルエットを形成している。サイドに装備されたホイールアーチカバーは、軽量素材であるカーボンファイバーを使用してハンドメイドで成型され、あえて繊維の編込みが見えるデザインとなっている。

リヤの大型スポイラーは、スポーティな全体のスタイリングを形成しながら、圧倒的な走行性能を支える空力性能を備え、ステンレススチール製ダブルテールパイプは、ジョン・クーパー・ワークスのDNAを体現したものだ。ホイールは18インチの軽量鍛造タイプで、225/35R18サイズのスポーツタイヤが装着される。

インテリアは、GPの名に相応しくレーシングスタイルを採用。先代モデルと同じくリヤシートを装備せず、フロントシートの後ろにはクロスバーのみをシンプルに装着することで、レースの雰囲気を高めている。ダークカラーとレーシングモデルに相応しい素材の組み合わせ、そして所々にアクセントとして装備されている高品質なパーツによって、スポーティさと上質さを融合させた贅沢な空間が創出されている。

さらに六角形の模様が刻まれた金属性のシフトパドルや、ステアリングホイールのスポーク部と助手席まわりのインテリアトリムストリップなど、3Dプリンターによって成形したパーツを採用。トリム・ストリップには各車両固有のシリアルナンバーが刻印され、限定モデルであることが表現されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧