【国内試乗】「メルセデスAMG A35 4マチック」心得のあるストリートファイター

小野泰治
AUTHOR
2019/11/20 10:00

単なる入門編ではなくメルセデスAMGの新たなモデルシリーズとなるという「35」。その特長は公道での走りの気持ちよさを追求した点だというが、従来のAMGとは具体的に何が違うのか? まずはその第1弾となったA35でお手並みを拝見してみる。

公道で使い切れそうなまさに適度な絶対性能

これまで、メルセデスAMGがいうところのスポーツとは基本的に「過程」ではなく「結果」だった。それだけに、公道での気持ちよいドライビングに焦点を当てたという35シリーズの謳い文句を聞いたときは新鮮に感じる一方、少し眉唾な印象を抱いたのも事実。そこで先に結論からいってしまおう。今回、第1弾となるA35を短時間ながら走らせた印象をご報告すると、その走りは確かに気持ちのよい出来映えだった。

動力性能は「持て余さない速さ」という表現が相応しい。スポーツモデルながら乗り心地を筆頭とする快適性も高次元で両立されているので、上質な日常の伴侶としてもオススメできる。

搭載するパワートレインは、2Lツインスクロールターボと7速DCT、そして4WDの組み合わせ。エンジンのパワー&トルクは、それぞれ306psと400Nmを発揮する。すでに本国デビューを済ませている新型A45と比較するとパワーが81ps、トルクは80Nm控え目となり、よりハイスペックなA45S比だとその差は115psと100Nmに拡大する。

600台限定のエディション1は、大型リアウイングやフロントスプリッター、バンパーサイドのフリック、標準より1サイズ大径の19インチなどでアグレッシブな装いに。

とはいえ、Aクラスのボディに前述のアウトプットなので絶対的動力性能に不満などあるわけがない。走行モード切り替えで大人しい「コンフォート」を選択していても力感、レスポンスは十二分だし、「スポーツ」や「スポーツ+」モードなら一層ダイレクトな感触が楽しめる。いまどきのスポーツエンジンらしくほぼ全域が実用域なので、リミットに至る吹け上がりに特別なストーリー性があるわけではない。しかし、常に適度な軽さを意識させるそれは日常域でも使い切る歓びが見出せる。このあたりは「結果」、つまり絶対的な速さが過剰なほどである一方、重武装の戦闘マシン特有の息苦しさも感じさせた従来のAMGとは異なるキャラクターだ。

フォト=小林俊樹/T.Kobayashi ル・ボラン2019年12月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧