トヨタ版は「ライズ」、5ナンバーサイズの新SUVがリリース開始!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/11/07 15:30

「ロッキー」同様、使い勝手の良さが魅力に

トヨタはコンパクトSUVの新型車、「ライズ」を全国のトヨタ車両販売店を通じて11月5日より発売した。月販目標台数は4,100台で、消費税込みの車両本体価格は1,679,000円~2,282,200円。

新型車ライズは、「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」といった要望に応えるため、全長4m以下の5ナンバーサイズとしたコンパクトSUV。開発コンセプトは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」で、週末のレジャーでも普段使いでも扱いやすく、さまざまなシーンでユーザーのアクティブな毎日をサポートする。

また、ライズはダイハツがトヨタとダイハツ両ブランドの商品展開を見据え、新世代に向けたクルマづくり「DNGA」をコンパクトカーに取り入れた初の商品。プラットフォームやパワートレインなど、すべてにおいて新開発。走りや上質感、安全・安心など、あらゆる面で高いレベルを目指したという。外観は全長3,995mm、全幅1,695mmのコンパクトなボディに、迫力ある大径17インチタイヤと張り出したフェンダーを組み合わせてSUVらしい力強さと踏ん張り感が表現された。

一方、コンパクトSUVクラスではトップレベルの大容量ラゲッジスペース(369L)に加え、リヤシートを倒せばさらに広がる荷室により大きな荷物や長尺物にも対応可能な大空間を確保。また、室内のいたるところに収納スペースを配置し利便性の高い室内空間を実現した。

走りについては新開発の軽量高剛性ボディ、サスペンションにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現。また、1Lターボエンジンとトヨタ初採用となるD-CVTを組み合わせることで1.5L相当のトルクを作り出し走る楽しさと低燃費を両立した。D-CVTは、従来のベルト駆動CVTにスプリットギアを組み込み、高速域では「ベルト+ギヤ」駆動とすることで伝達効率が向上。変速比幅を広げることで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と高速域での低燃費で静かな走りを実現しているという。

一方、安全・安心装備についても車両と歩行者を検知する衝突回避支援ブレーキ機能やブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)などを採用した最新の「スマートアシスト」が設定された。

なお、ライズはトヨタが提供する愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」のラインアップに11月12日より新たに加わる。若い人に少しでも新車に乗ってもらう機会を提供したいとの思いを込め、利用料金は車両本体価格以外に任意保険などの必要な諸経費を含めた月額39,820円(税込み)からとしている。

「ライズ」グレード別メーカー希望小売価格(消費税込み)

X:1,679,000円(2WD)/1,918,800円(4WD)
X “S”:1,745,000円(2WD)/1,984,800円(4WD)
G:1,895,000円(2WD)/2,133,700円(4WD)
Z:2,060,000円(2WD)/2,282,200円(4WD)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧