燃費向上の施策が影響したメルセデス・ベン予想を超えたアウディA7の実力が際立ち、メルセデス・ベンツCLS450は燃費向上の施策が影響!?【清水和夫のDST】#99-3/4

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number 99(SEASON.11):4ドアクーペの世界を切り拓いたCLSと追随する強力なライバル、A7が対決!!

アウディA7スポーツバック 1stエディション vs メルセデス・ベンツCLS450 4マチック・スポーツ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

メルセデス・ベンツ CLS 450 4マチック スポーツ vs アウディ A7スポーツバック 1st エディション(ウェット旋回ブレーキ編)【DST♯125-05】

タイヤコンデション

MERCEDES-BENZ CLS450 4MATIC SPORTS

フロントより30mm幅広となる275扁平のリアタイヤを履き、それがCLSのキャラクターに似合っている。乗り心地は上々で、その運動性能とよくバランスされているものの、ウェット性能は気になった。

 

AUDI A7 SPORTBACK 1ST EDITION

ピレリPゼロの荒れた路面での硬さが気になった。ランフラットではないものの、指定空気圧が270kPaと高いことが原因しているのかもしれない。それでもウェット性能は抜群で、安心して走れた。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年5月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧