12月の“本体”デビューに先立ち「アストンマーティンDBX」のアクセサリーが発表

AUTHOR

「DBXは、開発当初から、お客様の日常生活に完全に溶け込む存在になることを目指していました」(アンディ・パーマー社長兼CEO)

アストンマーティンはこのほど、12月に発表される同社初のSUV「DBX」に先駆けて、DBXオーナーのライフスタイルを豊かに演出するアクセサリー・セットを先行公開した。

同社ではDBXの発売と同時に、11種類のオプション・アクセサリー・パックをラインアップする。週末の長距離ドライブに特化する「ツーリング・パック」は、4ピース・ラゲージ・セット、キャビン・サドルバッグ、助手席下のロック付き収納スペース、救急キットで構成。さらに、6ピース・ラゲージ・セットもオプション設定されている。このセットは2個の大型スーツケース、2個の小型スーツケース、2個のボストンバッグのコンビネーションで、アストンマーティンのエレガンスを象徴するステッチとトリミングが施されている。

「ペット・パック」には、カーゴエリアをペット専用のスペースとするパーティションを同梱。ペットが632Lのカーゴエリアに乗り降りする際に、爪によるキズの発生を防止するバンパー・プロテクターも含まれている。また、ぬかるみや水たまりがある場所で過ごすアドベンチャー・トリップでは、ポータブル・ウォッシャーが理想的なソリューションになる。

通勤・通学の利便性を向上させるのに最適なのが「エッセンシャルズ・パック」。このパックは、センターコンソール・パーティション、リヤシート・エンターテインメント・ホルダー、ヒーテッド・カップ・ホルダーで構成。また、シートカバー、リヤバンパー・プロテクター、全席オールウェザー・フロアマットで構成されるインテリア・プロテクション・パックがヘビーデューティなニーズに対応する。

このほか、スキーバッグやルーフマウント・スキーラック、スノーチェーンで構成する「スノー・パック」や、モジュラー・ピクニック・バスケットやピクニック・ブランケット、イベント・シーティングで構成する「イベント・パック」などがラインアップ。加えてイルミネーテッド・トレッドプレート、光沢カーボンファイバー・テールパイプ・フィニッシャー、アストンマーティン・ウィング入りバルブキャップといった小物だけでなく、自転車やサーフボードを運搬するルーフキャリアも用意されている。

多くのオプションがセットとして提供される一方で、3種類のスペシャル・エディション「Maxi-Cosi(マキシコシ)」チャイルドシートとベビーシートを含む、幅広い個別のアクセサリーも設定。表皮にレザーを使用したこれらのチャイルドシートは、アストンマーティンの固定式3ウェイISOFIXベースへの取り付けが推奨され、身長45~75cmの新生児、身長67~105cmの幼児、体重15~36kgの子供に対応している。

同社のアンディ・パーマー社長兼CEOは、次のようにコメントを発表している。
「DBXは、開発当初から、お客様の日常生活に完全に溶け込む存在になることを目指していました。DBXは、ライフスタイル・パックによってクルマと一体になった生活を実現するだけでなく、さらにそれを一段上のレベルへと引き上げることが可能になります」

なお、これらアクセサリーの価格は、DBXの発表と同時に公表されるとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧