マツダの“3列シートSUV”「CX-8」がアップデート!

AUTHOR

2列目シートの快適性を高めた特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」を設定

マツダはこのほど、3列シートを備えるクロスオーバーSUVの「CX-8」を商品改良。10月23日より受注を開始した。発売は11月28日からで、消費税込みの車両本体価格は以下のとおり。

●新型「マツダCX-8」モデルラインアップ
[スカイアクティブ-G 2.5(2.5Lガソリン)搭載車]
・25S:2,948,000円(FF)/3,184,500(4WD)
・25Sプロアクティブ:3,406,700円(FF)/3,643,200円(4WD)
・25S Lパッケージ:3,968,800円(FF)/4,205,300円(4WD)

[スカイアクティブ-G 2.5T (2.5Lガソリンターボ)搭載車]
・25T Lパッケージ:4,352,700円(FF)/4,589,200円(4WD)
・25Tエクスクルーシブ・モード(特別仕様車):4,572,700円(FF)/4,809,200円(4WD)

[スカイアクティブ-D 2.2(2.2Lディーゼルターボ)搭載車]
・XDプロアクティブ:3,828,000円(FF)/4,064,500円(4WD)
・XDプロアクティブSパッケージ:3,999,600円(FF)/4,236,100円(4WD)
・XD Lパッケージ:4,434,100円(FF)/4,670,600円(4WD)
・XDエクスクルーシブ・モード(特別仕様車):4,654,100円(FF)/4,890,600円(4WD)

今回の商品改良では、利便性や快適性をさらに向上させた。電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を一部グレードに標準装備したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高めている。

荷室はサブトランクボックスの容量を拡大することで、丸畳式サンシェードなどのアウトドアグッズを平置きできるサイズとなり、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも4個積載可能に。多人数車としての用途を拡大している。

また、同乗者をおもてなしする特別仕様車として「エクスクルーシブ・モード」が追加された。2列目のアームレスト付きコンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備。運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者もくつろげる空間を実現した。

さらに新型では、すべてのエンジンモデルにおいて2WDと4WDのどちらの駆動方式も選択可能となった。4WD車には、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供するオフロード・トラクション・アシストが採用されている。

なお、改良を受けたこの新型「CX-8」は、11月4日まで一般公開されている「第46回 東京モーターショー2019(開場:東京ビッグサイト)」で展示中だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧