【海外試乗】”オフロード”で爽快なオープンエアドライブが楽しめる!「ジープ グラディエーター グラビティ コンセプト」

AUTHOR
2019/10/29 11:00

ラングラールビコンベースゆえ悪路は大得意

日本でピックアップ・トラックに乗る人といえば、そのライフスタイルは大方の想像がつく。まず、メーカーはアメ車が中心となりフォードF150やラム1500、国産メーカーだとトヨタ・ハイラックスや並行輸入輸入されたトヨタ・タコマなどで、ジェットスキーをトーイングしたり荷台にスクランブラーを積載したりと、いわゆる趣味人のクルマとなる。

そんなピックアップラヴァーたちをときめかせたのは、2018年11月にロサンゼルス・モーターショーでワールドプレミアしたジープ・ラングラーベースのピックアップ・トラック「グラディエーター」の復活と発売(2019年)だろう。

今回は幸運にもジープを擁するFCA(フィアット・クライスラー・ジャパン)のチェルシーテストコースで、グラディエーターに試乗する機会を得た。乗ったのはモパーがフルチューンナップしたメタリックオレンジの「グラディエーター・グラビティコンセプト」だ。

まずは、その外観だが、2インチリフトアップ、チューブドア、グリルガード、5スポークホイール、Aピラー根元のLEDオフロードライトなどなど、かなりマッシブな雰囲気。前出の趣味人以外にもアウトドアビークルとしてもかなりアリなどではないかと感じた。いや、むしろ、アウトドアシーンの方がよく似合いそうだ。

今回はオフロードのみの試乗だったが、このモデルがラングラーベースで、しかも最上位グレードの「ルビコン」だったので、コース内に接待された「渡河性能」「接地性能」「最低地上高」「駆動性能」「操縦性能」の5つのテストセクションはなんの問題もなくクリア。数値上では、ホイールベースが長い分、ロードクリアランスが不利となるシーンがあるかと思ったけれど、モーグル路やキャンバー路でフロントのスタビライザーを柔軟にストロークさせられる「電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム」をオンにすれば、まったく問題はなかった。

冷却や配管システムもモパーのチューンが成されているので、アクセルレスポンスも機敏でアクティビティ性も高く、オフロードコースをかっ飛ばせていただいた。

しかし、残念ながらグラディエーターとモパーのエクストリームパーツ類の正規導入は現在のところ未定だが、その可能性はゼロではなく、ジープのユーティリティやアクティビティを体感できるモデルとして、とても重要視しているとFCAの担当者は話してくれた。つまり、気持ちとしては導入したい、とのことだろう。

日本でピックアップ・トラックを日常使用する場合、「荷物が一番乗りそうで乗らない」などと揶揄されることもあるけれど、スーパーカーがそうであるように、ファミリーカーが当然として備える日常性を無視して、スポーツ性やアクティビティ性にスポットライトを当てたクルマは、やっぱり楽しいし魅力的。正規導入の期待に胸を膨らませ待つとしよう!

Specification

■全長×全幅×全高=5539×1875×1933㎜(※ルビコン仕様/ソフトトップ)

■ホイールベース=3487㎜■車両重量=2301kg

■エンジン種類/排気量=V6 DOHC16V/3604cc

■最高出力=285ps(209kw)/6400rpm

■最大トルク=353Nm(35.9kg-m)/4400rpm

■トランスミッション=8速AT

■サスペンション(F:R)=コイルリジット:コイルリジット

■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク

■タイヤサイズ=245/75R 17:245/75R 17

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧