【比較試乗】「ジャガーFタイプ vs アストンDBS vs ロータス・エヴォーラ vs ベントレー・コンチGT vs マクラーレン600LT」英国老舗ブランドの真価と進化

英国老舗ブランドの真価と進化

ドイツ、イタリア、フランス、アメリカ、日本とスポーツカーを作っている国は数多くあれど、「ブリティッシュスポーツカー」という響きに、ときめいてしまうのはなぜだろう。老舗の高級車メーカーからF1コンストラクター、果てはバックヤードビルダーまで、クルマ作りのノウハウは千差万別。ここでは、そんな英国を代表する5台のスポーツカーをご紹介。それぞれのブランドが育んできた英国流スポーツカーの仕立て方を紐解いていく。

スポーツカーとスポーティカーの違い

スポーツカーの原稿を書く度にいつも考えていることがある。もちろん今回も、こうしてキーボードをパタパタと叩きながら頭の片隅ではいつもの自問自答を繰り返している。

「スポーツカースポーツカー言うけど、具体的にどういうクルマがスポーツカーなのか?」

LOTUS EVORA/軽量コンパクトで電子デバイスに頼りすぎず、ドライバーがシンプルにクルマと向き合えるという、スポーツカー本来の姿にあらためて出逢える。パワー競争やスペック至上主義に「我関せず」の姿勢もいなせでいい。

スポーツカーを名乗るにあたり、どこかの誰かが決めた定義のようなものはこの世に存在せず、最低何馬力以上は必要とかゼロヨン何秒以下とか、基準となる数値やデータもない。マツダ・ロードスターのようにわずか132ps/152Nmしかなくても自他共に認めるスポーツカーもあれば、レンジローバースポーツSVRのように575ps/700Nmもあってもスポーツカーとは呼ばれないモデルもある。ポルシェ・パナメーラやカイエンはポルシェがスポーツカーだと明言するからスポーツカーなのか、メルセデスAMG GT 4ドア・クーペはどうか等々。ボディタイプやパワースペックだけで、スポーツカーか否かを判断するのは難しい。
いっぽうで「気持ちがいいハンドリング」なんて表現がスポーツカーにはよく使われる。これもかなり曖昧な描写であり、アルファ・ロメオ・ジュリアやゴルフGTIなどは心高ぶる操縦性を有しているものの、スポーツカーの範疇には入らない。「スポーティ」という不分明な言葉はこういうクルマを分類するために自然発生的に生まれ、我々は明確な基準もないままに「スポーツカー」と「スポーティカー」を無意識のうちに識別している。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ル・ボラン2019年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧