フェラーリ史上初のPHEVスーパーカー【SF90ストラダーレ】を日本初披露

萩原充
AUTHOR

同ブランド初づくしのテクノロジー

フェラーリ・ジャパンは2019年10月9日(水)、同ブランド初となる量産型PHEVスーパーカーであり、スクーデリア・フェラーリ90周年を記念したモデル、SF90 Stradale(エスエフ90ストラダーレ)を東京江東区のテレコムセンターを会場にジャパンプレミア披露した。

フェラーリの極東・中東地区CEOであるディーター・クネヒルテ氏によれば、このSF90ストラダーレはなにか既存のモデルに代わるものではなく、現在のレンジに追加されたトップモデルであるとのこと。そのモデル名のとおり、90周年を迎えたSF=スクーデリア・フェラーリが有するF1テクノロジーを投入した最高峰で、美しさや速さといったすべてにおいて頂点を求めるフェラーリニストに最適なモデルであることをアピールした。

このSF90ストラダーレにミッドシップに積まれる、488ファミリーのユニットをベースに排気量を3,990ccに増強したV8ターボは、単体で最高出力780psと最大トルク800Nmを発揮。これに新開発となる8速F1デュアルクラッチトランスミッションとエンジンとの間に1機を、フロントアクスルの左右に各1機の計3機の電気モーターを組み合わせた、フェラーリの量産車史上初となるPHEVパワートレインによって、システム最高出力1,000psを実現。0→100km/h到達加速は脅威の2.5秒、0→200km/h加速は6.7秒を記録。最高速度は340km/hに達する。

ちなみにフロントアクスルの2機の電気モーターは、車体中央部のフロアに格納された7.9kWhのリチウムイオン電池と制御システムによって、航続可能距離約25kmのゼロエミッション走行を可能にするほか、左右の駆動力配分を最適化するトルクベクタリング機能としても活用される。

F1マシンにも通じるインターフェイスも刷新され、16インチのHDディスプレイをステアリング右スポーク付近に備えたタッチコマンドによって直観操作に対応。インターフェイスの情報の一部をヘッドアップディスプレイに投影することで、ドライバーがステアリングを握る時間を長く、視点移動を最小限にするといった、フェラーリならではの安全思想に沿った進化が図られている。

なお、カーボン製リアスポイラーやアルミ製ダンパー&チタン製スプリングのサスペンション、カーボン製インテリアといった専用パーツが与えられた「ASSETTO FIORANO(アセット・フィオラノ」も用意される。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧