レクサスの旗艦「LS」の上質感と走りが進化!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/09 15:00

サスペンションやハイブリッドシステムなどをリファイン

レクサスは「LS」を一部改良、全国のレクサス店を通じて10月3日より発売を開始した。消費税(10%)込みの車両本体価格は、「LS500」が9,996,000円~15,691,000円、「LS500h」が11,422,000円~17,117,000円となっている。

LSは初代が発売された1989年以降、滑らかでパワフルな走りや圧倒的な静粛性・快適性など、高級車の新たな基準を作りあげたモデル。2017年に登場した5代目では、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリング、エモーショナルな走り、数々の先進技術により、レクサスの象徴として大きな変革を果たしている。

今回の一部改良では、FR車のショックアブソーバーにAWD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地を向上。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化、AVSやリヤサスペンションマウントのチューニングにより、LSならではの上質な乗り心地を進化させている。

ハイブリッド車のLS500hでは、加速時のバッテリーによるアシスト量を増加させるとともにアクセル特性を変更。駆動力と静粛性を高めた。また、“EXECUTIVE”では、後左席の足元空間や前方視界を広げたエンターテインモードや、操作性を高めたリヤマルチオペレーションパネルなどにより後席の快適性を向上させている。

LS 車両情報
https://lexus.jp/models/ls/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧