国産車のベストセラー、「ホンダN-BOX」がアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/05 15:00

お買い得価格をキープしつつ装備内容が充実

ホンダは2017年9月の発売以降、新車販売台数第1位を獲得し続けている「N-BOX(エヌボックス)」を一部改良。10月4日より発売を開始した。消費税(10%)込みの車両本体価格は、N-BOXが1,411,300円~1,926,100円。「N-BOXカスタム」が1,746,800円~2,129,600円。

今回のアップデートでは、全車標準装備としている安全運転支援システム「ホンダ・センシング」の衝突軽減ブレーキ(CMBS)やリヤワイドカメラの性能が向上した。前者は横断自転車に対応するようになったほか、夜間の歩行者検知性能が向上。後者は従来の30万画素から100万画素まで画素数を向上させ、より明確な後方確認が可能となってる。また、従来は4WD車のみに採用していた「運転席&助手席ヒーター」、ターボ車のみだった「左右独立式リアセンターアームレスト」を標準装備。加えてN-BOXカスタムの一部グレードには新たに「本革巻セレクトノブ」を採用して上質感を際立たせている。なお、販売計画台数は月間15,000台だという。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧