「BMW i3」は駆け抜ける歓びを味わえる ハイテク技術を駆使したBMW流プレミアムEV【世界の傑作車スケルトン図解】#19-1

クルマの未来を先取り

i3というと、アルミニウム合金のシャシーにカーボンモノコックのキャビン、高価な素材で軽量化することによって活発な走行性能を得たプレミアムEVというイメージだが、これは贅沢ではなく未来を見越した設計。現在は高価なカーボンだが、製造工程に必要なエネルギーは小さい。アルミ合金は高度製造技術は必要だが、軽量だしリサイクル性も良好。i3は単なる高級EVではなく、クルマの未来を先取りした技術の塊なのだ。

BMW i3 レンジエクステンダー

1:乗車のためのボディ(ライフモジュール)はすべてCFRP(カーボン)製
2:ドアパネルもCFPRで内部の衝撃吸収構造部分はアルミ製
3:アルミダイキャスト製サブフレーム
4:発電機を駆動して航続距離を伸ばすためのレンジエクステンダーエンジン。BMWビッグスクーターと共通の直列2気筒ツインカム8バルブ647ccで38ps
5:サイレンサー
6:5リンク式リアサスペンション
7:最高出力170ps(125kW)/5200rpm、最大トルク25.5kg-m(250Nm)/100~4800rpmの液冷式埋込永久磁石型同期モーター
8:総電力量21.8kWhの液冷式リチウムイオンバッテリー
9:パワートレイン、バッテリー、サスペンションなど走るメカニズムを集約したドライブモジュールは総アルミニウム製
10:ブレーキペダルもあるが、アクセルの踏み方と放し方だけでほとんどの走行パターンをカバーできるシングルペダルコントール
11:前輪荷重が小さいため、155/70R19と細いフロントタイヤ(リアは175/60R19)
12:ストラット式フロントサスペンション
13:日本向け仕様では、フロントフードを開けて使用する普通充電用の受電ポート
14:レンジエクステンダーエンジン用の燃料タンク(容量9.0L)

BMW i3

■生産年:2014年~
■生産台数:30300台(i3&i8/2015年6月現在)
■国籍:ドイツ

Specification/BMW i3 (レンジエクステンダーモデル)
■全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm
■ホイールベース=2570mm
■車両重量=1390kg
■モーター種類=交流同期電動機
■モーター最高出力=170ps(125kW)
■モーター最大トルク=25.5kg-m(250Nm)
■バッテリー=リチウムイオン電池
■発電用エンジン種類=水冷直列2気筒DOHC
■排気量=647cc
■最高出力=38ps(28kW)/5000rpm
■最大トルク=5.7kg-m(56NM)/4500rpm
■サスペンション形式=前 ストラット、後 5リンク
■ブレーキ=前 ベンチレーテッドディスク、後 ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ=前 155/70R19、後 175/60R19

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧